オススメのゲーム用パソコン販売店をランキング形式で紹介!


ゲーム用PCのにおける通信回線の役割

オンラインゲームにおける通信回線は、光回線一択でいくのが無難です。

他のブロードバンドサービスとは異なり、距離や他サービスとの干渉を気にする必要がないので、抜群の安定性があるからです。

一昔前のADSLが主流だった時代は、地域によってしょっちゅう回線が切れる事がありましたが、光回線の価格が下がった現在ではADSLを選ぶメリットはありません。

持ち歩いて外でも遊べるノートのサブPCの場合なら、WiMaxという選択肢もありますが、いずれにせよメインPC用の回線は光回線にしておくのをおススメします。

光回線なのに遅く感じる場合の原因と対策

光回線を使用している場合に限った場合、回線側が原因でラグったりするケースはまずないので、PC側の原因追及に絞れます。

セキュリティソフトが原因の場合
ノートンを使用しているとよくありがちなのが、ゲーム中に勝手に定義ファイル更新が始まって画面が固まるパターンです。この場合は、ノートンをいったん全部機能を切ってゲームプレイに支障が無ければ、原因確定です。ノートンをアンインストールして、軽いウイルス対策ソフトを導入しましょう。

CPUが原因の場合
通信回線が最強でも、PC側のCPUの処理があまりにも遅いと、応答が間に合わずにゲームサーバーから切断されてしまいます。ゲーム中の回線切断が頻発する場合は、まず自分のPCのCPUの型番を調べて、Pentium等の古いCPUを使用していたら原因確定。PCごと最新のものに買い替えましょう。

無線LANが原因の場合
オンラインゲームは有線LAN推奨ですが、家庭環境で無線を使わざるを得ない場合もあるかと思います。この場合も、回線断が頻発するようなら、一時的に有線LANで繋いで様子を見ましょう。それで回線断が出なければ原因確定。無線環境は家の外部の影響も受けるので、無線環境自体を直す事を考えるよりも、素直に有線LANに変える事をおススメします。