オススメのゲーム用パソコン販売店をランキング形式で紹介!


ゲーム用PC=BTOパソコン

BTOパソコンとは、秋葉原等のPCショップが、客の要望通りのパーツを組んで売ってくれるPCを指しますが、すなわちBTOメーカーとは客の要望通りのカスタマイズを施したPCを売ってくれるお店です。

分かりやすく例えるなら、BTOメーカーとは「自作PC代行屋」であり、扱うPCは広義の意味でショップブランドPCと呼ばれる事もあります。

BOTメーカーでは、ネットで注文する際に、かなり自由にパーツを指定出来るお店がほとんどですが、家電量販店等に並ぶ事はありません。

秋葉原等に本店を構えるお店もありますが、ほとんどのBTOメーカーはネット販売を中心にしています。

一般的なメーカー製PCとの違い

家電量販店で売っているような、お店で買える普通のメーカー製パソコンは、ゲームをプレイする事を考慮して製造されておらず、特にグラボが相当しょぼいのが致命的です。

メーカー製のPCに最初から搭載されているグラボは、「オンボード」と呼ばれていますが、3Dゲームに全く対応していないので、ゲーム画面がまともに表示されません。

そもそも、「メーカー製のパソコン+ゲーム用のグラボの料金」よりも、BTOパソコン一台買った方が確実に安いだけでなく、メーカー製のパソコンが、BTOパソコンに勝てる点は知名度だけなので、ゲームをプレイしたいなら絶対に購入すべきではありません。

自作PCとの違い

管理人は依然に、量販店で安売りされていたDELLのPCに、グラボだけ購入して搭載した事がありますが、PCケースのサイズに合わずにはみ出してしまい、グラボを買いなおした経験があります。

このように、PCのカスタマイズは、パーツ性能の知識だけでなく、大きさや相性等の知識と経験が必要です。

ましてや、0からPCを組み立てるにはグラボ以外にもCPUやOSの相性やら、BIOS設定をいじくったりと、やる事てんこもりです。

ゲームをプレイするのが目的なら、PCを組み立てる時間にバイトでもして、BTOパソコンを購入した方がはるかに効率的です。

BTOパソコンの相場

BTOメーカーは、一般的なメーカー製のPCよりもはるかに安いです。

人件費にかかるコストが違うのが安い理由で、ほとんどのBTOメーカーはネット販売を中心にしており、家電量販店のように日本中に店舗を置くような形態を取っていません。

ノートPCだと15万円前後、デスクトップなら10万前後も予算があれば、その時期の上位パーツで構成されたハイスペックゲーム用PCが手に入ります。

1世代前のタイプだと、4万円前後で購入出来るノートPCもありますが、それでもメーカー製の最新ノートPCよりもはるかに高性能なのは間違いありません。