ブループロトコル スペック

ブループロトコル スペック /BLUE PROTOCOL(ブループロトコル)とは?

「BLUE PROTOCOL(ブループロトコル)」は、バンダイナムコオンラインとバンダイナムコスタジオがおくる新作オンラインゲーム。

アニメ調で表現されたハイクオリティなグラフィックと、マルチプレイ要素を突き詰めたPC向けオンラインアクションRPGとなっています。

2020年4月にCBTが行われ、2021年上旬の正式サービス開始が期待されています。

ゲームの世界観は?

ゲームの世界観としては、かつて神々の住まう輝かしい楽園と言われていた惑星レグナスが舞台となっています。

街+フィールドマップ(フリーにポップするモブ)+インスタントダンジョンの3つから成り立っているゲームはMMORPGによくある構成です。

インターフェイスも未来感が感じられるとても見やすい印象で、ゲーム内の最初の街の雰囲気はどちらかと言えば洋風な感じの暖かみを感じます。

ゲーム内では時間も存在しているようで朝から夜になると街灯が灯りだし雰囲気が変わりますので、SS好きな方にもオススメです。

爽快な操作方法!

ノンタゲシステム採用の操作方法は、WASD移動のSPACEジャンプだったりシフトダッシュだったりと、現行のアクションゲームやRPGゲームと似た操作方法なので、ゲームをプレイした方であればすぐに慣れると思います。

似たタイプのゲームはハンゲームからプレイすることが出来るソウルワーカー(SOULWORKER)が近いです。

戦闘中のアクション感としては、ブリンクによる回避行動が出来る点が魅力に感じました。

キャラメイクの自由度も高め!

キャラメイクの細部レベルに関しては黒い砂漠ほどではありませんが、ボイスが3通り、身長、肉付、胸囲、顔タイプ、肌色、髪型、輪郭、眉、目、瞳、鼻、口、+現時点では未開放の箇所があったので、そこまで他のプレイヤーと顔が一緒になってしまうことは少ないです。

クラスは4種類!

クラスは、4つ存在し、それぞれ特定の武器を装備していることが条件です。

  • イージスファイター・・・使用する武器は剣
  • ツインストライカー・・・使用する武器は斧
  • ブラストアーチャー・・・使用する武器は弓
  • スペルキャスター・・・使用する武器は杖

クラスチェンジは街で無料で行えますが、クラス変更後はそれぞれのクラスにレベルが設けられているためそれぞれのクラスのレベルに変更されるので注意が必要です。

最高画質でのプレイが前提のゲーム!

CBTのアンケートから分かるように、ほとんどのプレイヤーが最高画質でプレイしていたようです。

実際のCBTをプレイしてみた感想としては、おそらくサーバー起因だとおもいますが、全体的に少し重かったです。

また、最高画質で遊ぶユーザーが多かった原因としまして、低画質、中画質のグラフィックがかなり荒いように感じました。

正直、最高画質以外ではプレイしたくないなーというのが個人的な感想です。

なお、ユーザーの多くはDiscordなどのWeb通話をしながら遊んでいるように思えましたので、ブループロトコル+ブラウジング+DiscordができるPCスペックでのプレイが求められます。

→→→BLUE PROTOCOL(ブループロトコル)公式サイト←←←

ブループロトコル スペック /推奨動作環境・最低スペック

必要スペック(低画質) 推奨スペック(中画質) 推奨スペック(最高画質)
OS Windows8/10 64bit Windows10 64bit
CPU Intel Core i3-4330 Intel Core i5-3330 Intel Core i7-7700
グラボ GeForce GTX660 GeForce GTX960 2GB
AMD Radeon R9 380 (2GB)
GeForce GTX1060 6GB
AMD Radeon RX580 (8GB)
メモリ 8GB 16GB
ストレージ HDD 20GB SSD 20GB
DirectX DirectX 11また12
解像度 1280×720 1920×1080 1920×1080
インターネット接続環境 ブロードバンドインターネット接続

ブループロトコルの要求スペックでは解像度と画質の目安が公開されています。

但しFPSが明記されていないので30FPS基準なのか60FPS基準なのか分からない点は注意。

なお、2020年のクローズドβテストでは、クライアントファイルがDirectX11とDirectX12を選択して起動させることが出来るようになりました。

プリセット最高画質はミドルスペックのゲーミングPCを推奨!

フルHD解像度の最高画質設定でプレイする為にはCore i7-7700以上、GTX1060(6GB)以上、メモリ16GB以上のシステム環境が必要となっています。

PCスペック的にミドルスペックからミドルロースペックといったところなので、決してハイスペックではないですが、低スペというほどではありません。

プリセット中画質はエントリーモデルのゲーミングPCでプレイ可能!

中画質ならCore i5-3330/GTX960/メモリ8GBが必要とされていますが、いわゆるエントリーモデルのゲーミングPCでもプレイ可能です。

なお、アルファテストでは推奨の解像度に違いがありましたが、 クローズベータテストでは、 最高画質と同じ1080p解像度になっています。

プリセット低画質は7~8年前のゲーミングPCでもプレイ可能!

スペックとしては超低スペで、7年前のミドルスペックのゲーミング PCでもプレイできます。

ブループロトコル正式リリース後にスペックが変更する可能性が高いので、このスペックの パソコンしか持っていない方は、早急に買い替えることをおすすめします。

なお、前回は中画質の推奨スペックが解像度720pになっていましたが、クローズベータテストでは720p解像度を推奨するスペックは低画質と表記されました。

ブループロトコル スペック /おすすめスペック解説

OS Windows10 64bit
グラボ GTX1660SUPER以上
CPU Core i7-7700KまたはRyzen 5 3400G
メモリ 16GB
ストレージ 240GB以上のSSD

実際にブループロトコルを最高画質で快適にプレイできるスペック構成について、各パーツごとに解説します。

OS

  • Windows10 64bit

古いバージョンの8.1でもOSが64bit版であればプレイすることができますが、できるだけ最新のWindows10のOS搭載のマシンでプレイするようにしましょう。

Windows7は2020年の1月14日に開発元であるMicrosoftのサポートが終了した(新しいバグや脆弱性が発見されても保証されなくなる)ため、現在もWindows7のゲーミングPCを利用している方は早急に買い替える事をおすすめします。

グラボ

  • グラボ:GTX1660SUPER以上

最高画質の推奨環境で指定されているのはGTX1060と1世代前のミドルレンジグラボが指定されています。

GTX1060はグラフィックメモリが3GBのモデルと6GBのモデルがあり性能差があって価格も5,000円ほど違いますが、Blue Protocolで推奨スペックとして指定しているのは6GBモデルで、人気だったのも6GB版ですので注意してください。

最新のグラボだとGTX1660が同等品ですが、値段がほぼ同じで上位互換のGTX1660SUPERがコスパが良いので、これから新しくゲーミングPCを揃える人はそちらを選びましょう。

CPU

  • CPU:Core i7-7700KまたはRyzen 5 3400G

中画質のCPUは10年も前のものなので、ゲーミングPCの中では低スペックで格安な部類であすが、ブルプロだけならまだしも、他のゲームもするならやめたほうがいいスペックです。

最高画質の場合、CPUがCore i5 ではなくCore i7-7700Kが推奨になっていますが、これはIntelから2017年に発売された比較的新しいCPUです。

ただ、Core i7 7700は第7世代のCPUで価格が高いので、AMDの同スペック品のRyzen 5 2400GやRyzen 5 1500X、Ryzen 5 3400Gあたりをコスパ優先で選ぶのもありでしょう。

メモリ

  • メモリ:16GB

メモリ8GBを推奨動作環境とするゲームが多い中、Blue Protocolのメモリ推奨動作環境は16GBと、最近の3Dオンラインゲームの中でもハードルが高い部類です。

最近のPCゲームの中には12GBや16GBメモリを必要とするタイトルが少しずつ増えてきているので、CPUやグラボを高性能なモデルにする場合はメモリも16GBにしておくとゲーミングPCとしてのバランスが良くなります。

逆にメモリを16GB搭載しておけば、数年間はメモリにおいて推奨スペックを満たせない事態にはならないと予想されます。

容量/ストレージ

  • ストレージ:240GB以上のSSD

最高画質の場合、中画質の推奨スペックと違ってSSDを推奨している点に注意です。

SSDはHDDより高速読み込みするストレージデバイスであり、ゲーム中のオブジェクト読み込みでSSDのほうが快適になるため推奨している事が分かります。

HDDの必要容量は20GBと昨今のオンラインゲームと比較するとやや少な目の容量といえますが、SSDの場合は最低でも240GB以上、可能であれば500GB以上の大容量モデルを選んでおくと良いでしょう。

ブループロトコル スペック /ベンチマーク

動作検証に使用したPC

以下のスペックの自作PCを使って、実際に動作検証を行ないました。

CPU Ryzen 7 2700(8コア/16スレッド、3.2~4.1GHz)
ビデオカード GTX1060、GTX1070Ti
マザーボード ASRock「B450 Steel Legend」(AMD B450)
メモリー DDR4-3200 8GB×4、DDR4-2666
ストレージ 256GB NVMe M.2
電源ユニット 750W 80PLUS GOLD

今回はCPUをAMD製のパーツで構成した検証機で測定。

グラボはについては、GeForce各種、メインメモリーは余裕を持って8GB×4の32GB、ストレージは256GBのSSDです。

フレームレート ( fps )

画質:中 画質:高 画質:最高
RTX 2060 90 fps 87 fps 82 fps
GTX 1070Ti 89 fps 86 fps 81 fps
GTX 1650 65 fps 63 fps 61 fps
GTX 1060(6GB) 58 fps 56 fps 55 fps
RX 580 57 fps 55 fps 54 fps

公式で推奨されているGTX1060 6GBという旧世代のミドルレンジのグラボとGTX1070Tiの旧世代アッパーミドルのグラボを中心に測定。

ゲーム内の画質はプリセットの4種類がありましたが、中以上の画質で測定したところ、どの画質でも町が非常に重くてFPSが非常に低かったです。

街では画質設定によるFPSの差があまりないのが特徴で、逆にフィールドでは設定の差がFPSに反映されやすいのは人が多かったのも関係しているかもしれません。

旧世代のミドルレンジグラボで現在も使用率が最も多いGTX1060 6GBでは街中など重いエリアはカクカクで10FPS台まで低下する場所もあるので、公式の推奨スペックを満たしても快適とは言えない状況が発生しました。

また、DirectX11と12ではDirectX12のクライアントの方がFPSは向上します。

つまり、旧世代のGTX1000番台より、最新世代のGTX1600番台やRTX2000番台の方がDirectX12に最適化されているので最新グラボの方がブループロトコルをプレイするには明らかに有利です。

コスパ最優先なら、DirectX12のクライアントに最適化されたGTX1650がブループロトコルを快適に遊べるボーダーラインのグラボであり、余裕を持たせたいならRTX2060以上のグラボを搭載しておいた方が安心です。

コスパのバランスも考えるなら両者の中間であるGTX1660SUPERがやはり最適のグラボと言えるでしょう。

VRAM (ビデオ メモリ )

Dx11では最高6GB程度のグラボメモリを使用していましたがDx12では8GB近くグラボのメモリが使用されていました。

つまり、GTX1650はグラボメモリが4GBなので厳しいと思われます。

なお、PCメモリの使用量については、GTX1060機では8GB GTX1070Ti機では6GB使用していたのでメモリは16GB搭載が快適なプレイにはやはり必須です。

CPU使用率

CPUに関しては推奨スペックがi7-7700とかなり要求が高かったわりに、他の5-6年前のi7を記載するゲームと比べてもCPU負荷は特段高くありませんでした。

Ryzenの同等品でも十分快適にプレイする事ができます。

ブループロトコル スペック /おすすめのゲーミングPC

デスクトップPC

正式名称 G-Tune PM-B
CPU Core i7-9700
グラフィックス GeForce GTX 1660 SUPER
メモリ 8GB
ストレージ 256GB NVMe SSD /1TB HDD
電源 500W
価格 142,780円(税込)
販売元 G-TUNE

GーTUNEで常に売り上げランキング1位を争う人気を誇るモデルですが、「ブルプロの為に作られたパーツ構成では?」と言えるほどの、ブルプロの推奨スペックをぴったり完璧に満たしています。

GTX1060の最大1.5倍となる最新グラボ「GTX1660SUPER 6GB」を搭載しているため、最高画質でも問題なくプレイすることができるモデルです。

カジュアルに軽くゲームを楽しみたいライトゲーマーの構成になっていますが、高性能なインテルCore i7を採用しており、コスパが非常に優れているのが魅力的で、後からグラボだけ載せ替えればハイスペックモデルに早変わりします。

ブルプロ以外のソフト(ブラウザ、Skypeなど)を起動する予定の場合、「メモリ8GB」では少し重いので、16GBにカスタマイズでアップグレードすれば完璧です。

G-Tune PM-Bの詳細

ノートPC

正式名称 G-Tune P3
液晶 13.3型 フルHDグレア
重量 約1.7kg
CPU Core i7-8709G
グラフィックス Radeon RX Vega M GH グラフィックス
メモリ 16GB DDR4-2400
ストレージ SSD MVNe512GB
価格 142,780円(税込)
販売元 G-TUNE

グラフィックスは内蔵GPUですが、ブルプロの推奨スペックのGTX1060以上のグラボであるGTX1070とほぼ同等の性能を持っており、他の最新のFPSやバトロワゲームの為にも十分対応できるモデルです。

特筆すべきは軽量性で、持ち運びに適した小型・軽量 13.3型サイズを実現しています。

外出時でも安心の約10時間バッテリー駆動で持ち運びに適したゲーマーのためのゲーミングノートPCであると言えるでしょう。

G-Tune P3の詳細

ブループロトコル スペック /まとめ

アルファテスト、ベータテストを通して、ブルプロの推奨スペックは少しずつ上がっている印象はありますが、フルHD最高画質の環境であればミドルレンジクラスのゲーミングPCでも十分快適にプレイできます。

また、実際にプレイしてみたところ、CPUよりもグラボの依存度が高いゲームである事も分かりました。

アニメ調のグラフィックスが魅力的なゲームなので、コスパ優先でもGTX1660SUPERクラスのグラボを搭載したマシンでプレイされる事をおすすめします。

関連記事:ゲーミングPC おすすめ /ゲーミングパソコンランキング・人気ゲーム用pc比較【高性能なデスクトップ】