ドーントレス スペック

ドーントレス スペック /Dauntlessとは?

『ドーントレス(Dauntless)』は、『モンスターハンター』シリーズから影響を受けた基本プレイ無料の共闘アクションRPGです。

2019年5月にPC版を正式リリースし、同年12月には日本語対応とともにNintendo Switch/PlayStation 4/Xbox Oneにてコンソール版を展開し、全世界のプレイヤー数は1500万人以上。

各プラットフォーム間のクロスプレイやEpic Gamesアカウントを利用したクロスセーブにも対応しており、好みのプラットフォームで遊びやすい環境が整っているゲームでもあります。

本作の特徴は、なんと言ってもイラストをそのまま3Dモデルに落とし込んだようなアニメーショングラフィックによってファンタジーな世界観。

プレイヤーはエーテルをエネルギー源として浮遊する無数の島々「砕かれた大地」を訪れ、エーテルを喰らう凶暴な巨大生物「ベヒモス」を狩るスレイヤーとして討伐に向かいます。

最大4人の協力プレイに対応しており、フレンドやオンライン上の見知らぬプレイヤーとともに狩りを楽しむことができます。

『モンスターハンター』シリーズが好きな人、独自の美的センスを持つ海外ゲームを求める人には特におすすめです。

なお、『Dauntless(ドーントレス)』開発元Phoenix Labsは、ケベック州モントリオールとカリフォルニア州ロサンゼルスの2箇所に新スタジオを設立し、2021年までに従業員を250人増員。

スタジオ全体で新作ゲームのプロトタイプをサポートすると同時に『Dauntless』の拡張を引き続きサポートしており、コンテンツアップデート「Reforged」も実施。

更に、2020年6月12日には、大型アップデート1.3.0を実施し、新たなベヒモスや複数の亜種ベヒモスが登場する「闇エスカレーション」を導入しました。

新モードとなる「訓練場」や新たなハントパスの実装、メインメニューの刷新などもおこなわれており、リアルタイムで進化し続けているゲームタイトルです。

ドーントレス スペック /必要スペックと推奨スペック

必要スペック

OS Windows 7
CPU Intel Core i5
メモリ 4GB
グラフィックボード GTX 660Ti
ストレージ 14GB
DirectX DX11以上

推奨スペック

OS Windows 10
CPU Intel Core i7
メモリ 8GB
グラフィックボード GTX 970
ストレージ 16GB
DirectX DX11以上

ドーントレス スペック /検証推奨スペック

OS Windows 10
CPU Intel Core i5-7400以上
メモリ 16GB
グラフィックボード GTX 1650以上
ストレージ 16GB
DirectX DX11以上

上記はドーントレスをなるべくお金をかけずに、中設定で快適にプレイできる現行パーツの推奨環境になります。

中設定で快適に遊べる推奨動作環境はCore i7にGTX 970ということで、新しくゲーミングPCを用意するなら、GTX 1650は最低でも搭載しておきたいところです。

グラボ

  • グラフィックボード:GTX 1650

画質を相当下げれば動作は快適になりますし、推奨スペックよりも低いオンボードグラボのPCでも遊べるのですが、中設定でプレイするのであれば現行のエントリークラスのグラボは必要です。

GTX1650の性能はオンボードのHD Graphics 630の538.5%upです。

最低でもこのクラスのグラボがないと、中設定では快適にプレイできないでしょう。

CPU

  • CPU:Intel Core i5-7400以上

ドーントレスはCPUはそこまで重要なゲームではありません。

推奨環境である2014年のCore i7は、現行のCore i5-7400とほぼ同等のスペックなので、上記のCPUを搭載しておけば快適にプレイできます。

メモリ

  • メモリ:16GB

メモリに関しては8GBを推奨していますが、インターネットのタブをよく開いたり他の作業もされる方は16GBあると更に余裕があります。

現在販売されているBTOパソコンのほとんどは8GB以上搭載していますが、可能な限り16GBのものを選びましょう。

ドーントレス スペック /DauntlessにおすすめのゲーミングPC

Medium以上の設定で快適に動くモデル

正式名称 G-GEAR GA5A-D210/T
CPU AMD Ryzen 5 3500
GPU GeForce GTX 1650
メモリ 16GB DDR4-3200
ストレージ 500GB SSD (M.2規格 / NVMe接続)
価格 111,800円(税込)
販売元 TSUKUMO(ツクモ)

ドーントレスをフルHD中設定でプレイするのにおすすめのモデルです。

基本構成はGeForce RTX 3060を搭載したミドルレンジですが、GTX 1650にスペックダウンして安いエントリークラスとして購入できます。

特筆すべきは、CPUをRyzenにする事で破格の値段の安さを実現している点で、GTX 1650が軒並み値上がりしている中で、本機は値上がり前の価格である10万円前後から購入できます。

他社の知名度が高いエントリーモデルが軒並み売り切れの中で、本機は良い意味で売れ残っていた「掘り出し物」と言えるでしょう。

とはいっても、在庫はかなり少なくなってきていますので、売り切れ間近です。

なお、基本構成のGeForce RTX 3060のモデルも、ミドルレンジクラスのスペックでありながら14万円台から購入可能となっており、こちらも他社よりもはるかに安いです。

お財布に余裕がある人は基本構成で購入した方が、幅広いゲームを余裕を持ってプレイできるのでおすすめです。

G-GEAR GA5A-D210/Tの詳細

Epic設定で快適に動作するモデル

正式名称 G-Tune HL-B
CPU Core i7-10700
グラフィックス GeForce RTX 3060
メモリ 16GB (8GB×2 / デュアルチャネル)
ストレージ 256GB NVMe SSD /2TB HDD
電源 700W
価格 186,780円(税込)
販売元 G-TUNE

ドーントレスを最高の環境で楽しみたい人におすすめのミドルレンジモデル。

高性能CPUだけでなく、前世代のRTX2070SUPER以上のグラフィックスGeForce RTX 3060を採用しており、ゲーミングモニターでも快適にプレイする事ができます。

このスペックで20万以下で買えるゲーミングPCは、他社ではほとんど取り扱いがありません。

ハンドル付属のケースもついており、LANパーティやイベントにも使えるのでお得感もあります。

G-Tune HL-Bの詳細

関連記事:ゲーミングPC おすすめ /ゲーミングパソコンランキング・人気ゲーム用pc比較【高性能なデスクトップ】