ets2 スペック

ets2 スペック /Euro Truck Simulator 2概要

Euro Truck Simulator 2は、2012年10月18日にリリースされたトラックシミュレーションゲームです。

2008年に人気を博したEuro Truck Simulatorの続編で、今なお新しいDLCが登場するなど高い人気を誇っています。

ゲームの主な内容は、一人の運転手として交通ルールやマナーを守り、荷物を届けるというシンプルな内容です。

その一方で、非常に自由度が高くてリアルなのも本作の魅力。

逆走や歩道の走行もできますし、事故や速度違反、信号無視により罰金も発生しますし、稼いだお金でトラックを改造することも可能です。

ある程度資金が溜まると、交通ルールを無視した時に生じる罰金も大した痛手ではなくなってくるので、ゲーム性は少し変わり、トラックでタイムアタックを開始することもあります。

前作ではできなかった会社経営の要素も追加され、社員(ドライバー)を雇うことで、運送会社を経営できます。

このように、カーレースゲームとは一味違った運転の楽しさを味わえるゲームですが、荷物を運ぶ走行距離が増えるとそれだけ時間がかかるので、拘束時間が長くなってしまうのがたまにきずです。

Euro Truck Simulator 2の良いところ
  • トラック(トレーラー)の運転手の疑似体験ができる
  • 運転するだけでなく、会社を大きくするシミュレーションゲームの部分もある
  • 普通のレースゲームには無い交通ルールを守るという緊張感がある
Euro Truck Simulator 2の悪いところ
  • トラックの操作が結構難しい
  • 運送にかかる時間が長い

ets2 スペック /必要&推奨環境

必要環境

OS Windows 7
CPU Dual core 2.4 GHz以上のCPU
メモリ 4GB以上
グラフィックボード NVIDIA GeForce GTS 450または、Intel HD 4000以上
ストレージ 12GB

推奨環境

OS Windows 7/8.1/10 64-bit
CPU Quad core 3.0 GHz以上のCPU
メモリ 6GB以上
グラフィックボード NVIDIA GeForce GTX 760以上
ストレージ 12GB

ets2 スペック /快適にプレイする為のスペック

DLCのみ(フルHD) DLC&MOD導入(フルHD)
OS Windows 7/8.1/10 64-bit
CPU Core i5-10400/Core i5-11400以上 Intel Core i7-4770K
メモリ 8GB 16GB
グラフィックカード GeForce GTX 1650以上 GeForce RTX 3060 Ti以上
ストレージ 250GB以上

ets2は古めのタイトルであるため、一見すると公式の要求スペックは非常に低いです。

実際、何も入れないヴァニラ状態であれば、公式の示す推奨環境で十分です。

しかし、本作のようなシミュレーター系のジャンルは、遊び方によって選ぶスペックが変わってきます。

キーボードやゲームパッドでプレイするようなライトゲーマーと、ハンドルコントローラーを用いるヘビーゲーマーでは、同じゲームタイトルでも必要な性能は変わってきます。

特に本作のような長寿ゲームにはDLCの他にModが必ずあります。

Modの大量導入を考慮すると、ミドルクラス以上の性能は必要です。

また、Euro Truck Simulator 2は2枚のモニターを繋げて、視点をよりリアルに表現することができます。

その時の解像度はフルHDを大きく超えるため、本格的に没入感を求めるなら、ハイクラスも視野に入れておくべきです。

グラボ

  • DLCのみ(フルHD):GeForce GTX 1650以上
  • DLC&MOD導入(フルHD):GeForce GTX 3060 Ti以上

推奨スペックに掲載されているNVIDIA GeForce GTX 760は、2013年に発売された古いグラボであり、現在のグラボでは、Geforce GTX1050Tiでも十分です。

また、現行のCPUに内蔵されたGPUでもこの性能は補えるものもあり、今であればAMD製であればRyzen 4000番台のものなら確実です。

しかし、PC版Euro Truck Simulator 2の醍醐味のひとつであるMODの導入を考えると、この推奨動作環境では遊べません。

とくに天候や光源などを反映させる高画質MODを導入することを考えたら、最低限GTX1650以上のグラボは必須です。

CPU

  • DLCのみ(フルHD):Core i5-10400/Core i5-11400以上
  • DLC&MOD導入(フルHD):Intel Core i7-4770K

基本的なMODのみという事であれば、そこまで高いCPUでなくとも動作します。

GTX1650やGTX1660をグラボに選ぶのであれば、AMD製であれば、Ryzen5以上の最新のもので、intel製であれば、Core i5以上の最新のものを選べば申し分ありません。

なお、公式にある推奨環境は2012年当時のもので、Quad Core搭載の3.0GHzを現在のCPUで言えばCore i3-10100で満たせます。

ただ、公式の推奨環境にピッタリ合わせると快適性が損なわれる可能性が高いです。

少なくとも、他のゲームプレイは絶望的になるので注意しましょう。

メモリ

  • DLCのみ(フルHD):8GB以上
  • DLC&MOD導入(フルHD):16GB以上

Euro Truck Simulator 2を快適に遊ぶにいたっては、そこまで高性能なメモリを搭載する必要もありません。

MODを入れたとしても、8GB以上あれば十分ですが、Euro Truck Simulator 2以外のゲームも遊ぶことを考えれば、16GB以上のメモリを搭載しておくと安心です。

ストレージ

  • DLCのみ(フルHD):250GB
  • DLC&MOD導入(フルHD):250GB

Euro Truck Simulator 2に必要とされるストレージ容量は、以前は5GBだったのですが、DLCが出回るようになりどんどん必要容量が上がっています。

特に、MODを多数投入することを考えると、公式の推奨環境の容量でもまだ足りません。

メインストレージにOSとゲームをインストールすることを考えれば250GB以上の容量はほしいところです。

他にもPCゲームを遊ぶことを考えれば500GB以上は必須と言えます。

メインストレージがNVMe接続形式に対応したSSDになっていれば、より快適な、ローディング環境が得られます。

最近のBTOショップで売られているゲーミングPCは、この形式に対応したものがほとんどですので、BTOショップのゲーミングPCをお勧めする理由となります。

大手家電量販店のものは、いまだにSATA接続のSSDを使っているものも見かけます。

ets2 スペック /動作検証

動作検証に使用したPC

以下のスペックの自作PCを使って、実際に動作検証を行ないました。

CPU Core i7 8700(6コア / 12スレッド / 4.30 GHz)他
ビデオカード GeForce GTX GTX 1080(1823MHz)他
マザーボード ASRock「B450 Steel Legend」(AMD B450)
メモリ DDR4-3200 8GB×4、DDR4-2666
ストレージ 256GB NVMe M.2
電源ユニット 750W 80PLUS GOLD

FHDウルトラ設定のFPS値

ETS2は、動作要件として、最低動作環境のハードルが低くても、設定の上限に奥行きがあるという、多様性を持ちます。

今回は、最高の設定であるグラフィック・シンプル設定の「ウルトラ」でレンダリングスケール(解像力・感度)の最大「400%」という設定値でプレイするのに必要なスペックのマシンを検証しました。

設定は、解像度を「1920×1080」に固定し、自環境での自前ベンチを通して、ミラー描画距離の最大「ウルトラ」を含めた最大設定からレンダリングスケールのみを変更させて測定しています。

FPS値は、標準マップと標準スカニアで同一ルートを走った、1分間の平均で測定。

FPS値が比較的出にくい昼間の市街地で計測しています。

グラボ レンダリングスケール150% レンダリングスケール400%
GTX 1080 68 fps 66 fps
RTX 2070 70 fps 67 fps
GTX 1080 Ti 75 fps 72 fps
RTX 2070 SUPER 78 fps 76 fps
RTX 2080 80 fps 79 fps
RTX 2080 SUPER 84 fps 82 fps
RTX 2080 Ti 89 fps 87 fps

スケール値の差の影響は、繁華街でむしろ小さく、何度か計測する中では、誤差の範囲ながら、3fpsほど、400%が速まるケースもありました。

なお、ゲーム中の利用率としては、CPU15%、GPU60%、メモリ6GB程度がゲーム中に使用されている様でした。

GPUは負荷が高い場面では80%使用する事もあったのですが、CPUに対する負荷は高いところでも30%とCPUへの負荷はほとんどかかっていないようでした。

市街地と郊外の差は、スケール値が大きくなるほど反比例し、縮小してますが、垂直同期をオフにしたらもう少し高いフレームレートになります。

150%、400%共々、昼の市街地で60FPS台まで落ち込んでる点から、フルHDのウルトラ設定で 60FPSをキープするにはGTX 1080以上のグラボが必要になってきます。

ただ、ウルトラ設定の最高環境に拘らないのであれば、もう少しグレードを下げても十分快適にプレイできます。

低予算で下がるならGTX1660Ti(GTX1070程度)を、RTXの性能を他のゲームでも試す予定の方はRTX2060(GTX1080程度)を買うのがいいのではないかと思います。

ets2 スペック /低スペックPCでプレイ

最低設定であれば低スペックPCでもプレイ可能

Euro Truck Simulator 2は、ModよりもDLCが人気のゲームであり、DLC自体はそこまで要求スペックが上がりません。

DLCは、主にMAPを広げたり、取り扱える荷物を増やしたりする拡張系が多く、MODを無理やり入れる必要性もあまり高くないです。

最低設定で解像度を下げたり、ウィンドウモードでプレイしたりすればグラフィックボードを搭載していないパソコンでも遊べるくらい軽くなります。

マルチディスプレイはハイエンドクラスを推奨

最高設定で複数モニターに描写してプレイするとハイエンドクラスが必要になってきます。

複数モニターなんて入らないと思うかもしれませんが、Euro Truck Simulator 2は1つのモニターでは運転席に座った視点であり、これを2つのモニターに描写すると、助手席の視点も見えるようになり、視野が大きく広がるという魅力があります。

バックミラーを画面上に表示しなくても本物の車のように目の移動だけで目視できるようになることで没入感を深めつつ、ゲームプレイの利便性を高めて、運転のリアリティを楽しむこともできるようになります。

さらに高みを目指し、モニターを3つにすればRTX 3070のようなハイエンドなGPUが必要になってきます。

高解像度までいくと税込み20万円オーバーのハイスペック、3つ以上のモニターならハイエンドという具合で、上限が跳ね上がるので、ミドルレンジの標準的な性能で、Euro Truck Simulator 2を楽しめる環境を整えてから考えてもいいかもしれません。

ets2 スペック /Euro Truck Simulator 2向けおすすめゲーミングPC

デスクトップ

シングルモニター向け

正式名称 G-GEAR GA5A-D210/T
CPU AMD Ryzen 5 3500
GPU GeForce RTX 1650
メモリ 16GB DDR4-3200
ストレージ 500GB SSD (M.2規格 / NVMe接続)
価格 111,800円(税込)
販売元 TSUKUMO(ツクモ)

Euro Truck Simulator 2を普通にプレイする上で一番おすすめのモデル。

基本構成はGeForce RTX 3060を搭載したミドルレンジのモデルですが、GTX 1650にスペックダウンしてエントリークラスとして購入できます。

特筆すべきは、CPUをRyzenにする事で破格の値段の安さを実現している点です。

GTX 1650が軒並み値上がりしている中で、本機は値上がり前の価格である10万円前後から購入できます。

他社の知名度が高いエントリーモデルが軒並み売り切れの中で、本機は良い意味で売れ残っていた「掘り出し物」と言えるでしょう。

G-GEAR GA5A-D210/Tの詳細

マルチディスプレイ向け

正式名称 G-Tune HM-B-3060Ti
CPU Core i7-10700F
グラフィックス GeForce RTX 3060 Ti
メモリ 16GB
ストレージ 512GB (NVMe)
電源 700W/AC 100V(50/60Hz)【80PLUSR BRONZE】
価格 197,780円(税込)
販売元 G-TUNE

Euro Truck Simulator 2をマルチディスプレイでプレイするならこのモデル。

ゲームプレイから動画配信まで多種多様な用途に活用できるG-Tune HMシリーズのGeForce RTX 3060Tiを搭載したミドルスペックの名機です。

カスタマイズ性が非常に高く、個性が際立つガラスサイドパネル搭載モデルが製品ラインアップに用意されているのが特徴です。

カスタマイズで水冷CPUクーラーも搭載可能なので、夏場のプレイも安心です。

G-Tune HM-B-3060Tiの詳細

ノートPC

正式名称 G-Tune P5-H
液晶 15.6型 フルHDノングレア (LEDバックライト)
重量 約2.09kg
CPU Core i7-10750H
グラフィックス GeForce GTX 1650 Ti
メモリ 32GB
ストレージ SSD MVNe512GB / HDD 1TB
価格 153,780円(税込)
販売元 G-TUNE

Euro Truck Simulator 2に最適のゲーミングノート。

G-tuneのゲーミングノートで売れ筋No1常連のP5シリーズの上位モデルで、コスパに非常に優れています。

持ち運びプレイを前提に作られているため、本体が非常に軽く、バッテリー駆動時間も約10.5時間と非常に長いです。

スペック的にはエントリークラスの立ち位置ですが、GTX1650の上位互換のグラボを積んでいるので、重めの最新ゲームでも、ほとんどのタイトルで中設定で快適にプレイできます。

G-Tune P5-Hの詳細

関連記事:ゲーミングPC おすすめ /ゲーミングパソコンランキング・人気ゲーム用pc比較【高性能なデスクトップ】