フライトシュミレーターX 推奨PC

フライトシュミレーターXのゲーム内容

『フライトシュミレーターX』は、驚異的なヒットをした前作「翼の創世記」よりも、さらにディティールグラフィックを進化させたフライトシュミレーションゲームです。

水面の揺れや、機体自体の重量感、計器や表示ランプに至るまで、徹底的なこだわりをみせたグラフィックとなっています!

シリーズでは初となるミッションモードを追加し、50以上もの様々なミッションによりフライトに明確な目的をもって遊ぶことができます。

ボイスチャットにも対応しているため、副パイロットや別の機体とのやり取りや、管制塔の役割を担うことも可能となりました!

フライトシュミレーターXの動作環境

必須動作環境 推奨動作環境
OS Windows XP/Vista/7
CPU Pentium4 1.5GHz以上 Pentium 4 3.0 GHz 以上
メモリ 512MB 1GB
グラフィックカード GeForce 7600GS 以上 GeForce 7600GS以上 VRAM128MB
HDD 15GB以上
DirectX DirectX 9.0c以上

フライトシュミレーターX推奨PCを選ぶポイント!

一昔前の名作といったイメージが強い本作は、基本的には動作環境で悩む事は少ないと思います。

推奨環境もCPUがPentium、メモリも1GB程度となっているので、2007年前後のPCでも割と快適に動作します。(というか、ゲーム自体の発売が2007年です)

シリーズ最新作が出る事を考慮しても、気を使うのはグラボくらいだと思います。

このクラスのゲームの為にPCを新しく購入する場合だと、予算は6万前後あれば十分です。

おススメのフライトシュミレーターX推奨PCはこれ!

初めてやりたいPCのゲームが本作だとしたら、かなりマニアックな人だと思いますが、このスペックのゲームだと逆に推奨PCを薦め辛いと言うのが本音です。

要求水準が低いので、ほとんどのゲーム用PCなら動作しますが、さすがに普通のパソコンのオンボードのグラボでは動作しません。

BTOで発売されているゲーム用PCの中でもバランスが良くてなるべく安いものを選びましょう。

相性が良くて一番安いのは、ドスパラのマインクラフトの推奨PCです。

AMDのパーツで構成された5万円台のPCがあります。

Regulus AR5-Q Minecraft Starter Collection同梱版の詳細