GTX1650Ti 性能

GTX1650Ti 性能 /仕様と特徴

GeForce GTX1650 Tiは、GTX1650の強化版という位置付けの、モバイル向けのグラフィックボードです。

GeForceのGPUは、十の位の数字で立ち位置が分かりますが、GTX1650 tiはぎりぎりローエンドの立ち位置になります。

  • 50・・・ローエンド、補助電源なしモデル
  • 60・・・ミドルレンジ、TDP 150W程度
  • 70・・・準ハイエンド、TDP 200W程度
  • 80・・・ハイエンド、TDP 200W以上

AMDのグラボと比べた場合は、Radeon RX 580Xと同ランクの性能になります。

価格が安いのは特に大きなメリットで、Core i7-10750Hよりもワンランク落としたCore i5-10300Hと組み合わせる事で更にハイパフォーマンスを発揮します。

10万円以下の予算でゲーミングノートPCを手に入れたい場合は、選択肢の1つに入れるグラボになるでしょう。

GeForce GTX1650 vs GeForce GTX1650Ti

項目 GTX1650 Ti GTX1650
CUDAコア数 1024基 1024基
動作クロック 1200MHz 1125MHz
ブーストクロック 1485MHz 1560MHz
メモリータイプ GDDR6 GDDR5
メモリーインターフェース 128bit 128bit
メモリーバス幅 128GB/s 192GB/s
メモリー搭載量 4GB 4GB
TGP 35~55W 30~50W

tiなしモデルの「GTX1650」と比較してみると、性能の要となるCUDAコアはGTX1650の1024基、VRAM(グラフィックメモリ)容量4GBはGTX1650から変わっていませんが、VRAMは最新のGDDR6にアップグレードされています。

アーキテクチャはRTXシリーズでも使われているTurning 12nmということで最新のものになりますが、ハードウェアリアルタイムレイトレーシングに特化しているわけではありません。

GDDR6はメモリバス帯域幅が広く、GDDR5の128GB/sから192GB/sと約1.5倍になり、VRAMへの負荷が高い重量級のゲームで高い安定性を発揮できます。

VRAMがDDR6にアップグレードされましたが、GTX1650から約10?15%の性能向上を果たしており、前世代のミドルクラスGTX1060 Mobileとほぼ同等の性能です。

フルHD向けとしては十分な性能なので、エントリー向けよりも少し上であると言えるでしょう。

VRAM容量は4GBと最低限なので、従来のゲームをメインにプレイするのにおすすめですが、最新のFPSの4Kプレイ等には厳しいです。

TDPは、GTX1650の50Wよりは多少上昇していますが、それでもモバイル向けということでかなり抑えられています。

価格は9万円台~とGTX1650よりやや高めですが、それでもGTX1660 Tiに比べるとだいぶ割安なので、コスパを重視するならGTX1650よりもGTX1650Tiを選んだ方がいいです。

GeForce GTX1650Ti vs GeForce RTX2060

項目 GTX1650 Ti RTX2070
CUDAコア数 1024基 1920基
動作クロック 1200MHz 1185MHz
ブーストクロック 1485MHz 1560MHz
メモリータイプ GDDR6 GDDR6
メモリーインターフェース 128bit 192bit
メモリーバス幅 192GB/s 336GB/s
メモリー搭載量 4GB 6GB
TGP 35~55W 65~115W

クロックには差がないように見えますが、大きな違いは「レイトレーシング」の対応可否です。

GeForce RTX2060はレイトレーシング対応ですが、GeForce GTX1650 Tiは対応しておらず、Directx12だと70%程度の差が出ます。

実際にゲームをプレイした場合、RTX2060とGTX1650 Tiの性能差は大くなりますので、予算に余裕があればRTX2060の方を選んだ方が無難な選択肢であると言えるでしょう。

GTX1650Ti 性能 /GF75 Thinで検証

GTX1650Tiの性能を測る為に、今回はエントリーモデルの中でもワンランク上のゲーミングノート「GF75 Thin」でベンチマークを測定しました。

GF75 Thinのスペック

CPU Core i7-10750H
GPU GeForce GTX1650Ti
メモリ 16GB
ストレージ 512GB NVMe SSD
液晶サイズ 17.3インチ
液晶種類 FHD 120Hz 非光沢
質量 約2.2kg
バッテリー 約51Wh
購入価格 9万円(中古)

CPUは最新の第10世代インテルCoreプロセッサーのIntel Core i7-10750Hを搭載、メモリ容量は16GB、ストレージは512GB M.2 SSD、グラフィックスはNVIDIA GeForce GTX1650 Tiとなっています。

17.3インチ大画面に120Hzの液晶を備えており、17.3インチにしては軽い質量の超薄型設計が特徴です。

持ち運びもしやすいデザインなので、友人の家に持ち込んで対戦したり、eスポーツの大会での練習用にも使えます。

ベンチマークテストを行うにあたっては、Windows 10の電源プランを「バランス」に、「Dragon Center」の「User Scenario」は「Extreme Performance」に設定、空冷ファンを最大出力で回転させる「Cooler Boost」も有効にしています。

GTX1650Ti 性能 /ベンチマークテスト

3DMark Time Spy

3Dベンチマークソフト「3DMark Version 2.11.6911.0」から、フルHD環境でのDirectX 12のパフォーマンスを計測する「Time Spy」の結果です。

グラフィックボード スコア
GTX1650 3241
GTX1650Ti 3793
GTX1660Ti 5626
RTX2060 5639

スコアについては高くはないですが、エントリー向けGPUを搭載していることを考えれば妥当な結果であると言えます。

少なくとも、前世代の「GeForce GTX1650」のスコアを上回っていることから、グラフィックス性能は確実に向上している事が分かります。

3DMark Fire Strike

「3DMark Version 2.11.6911.0」から、DirectX 11のパフォーマンスを計測する「Fire Strike」の結果です。

Fire Strikeの種類 スコア
Fire Strike 10416
Fire Strike Extream 4541
Fire Strike Urtra 1979

上記はGTX1650Tiのみの計測結果ですが、あくまでもGPUがエントリー向けということもあり、フルHDでは快適ですが、WQHDや4Kでは少々厳しいスペックである事が分かります。

グラフィックボード スコア
GTX1050 5912
GTX1060 11442
GTX1650 8513
GTX1650Ti 10416
GTX1660Ti 13494
RTX2060 14946

1~2世代前のエントリー及びミドルレンジのグラボと比較すると、「GeForce GTX1650 Ti」はエントリー向けの中ではかなり優秀である事が分かります。

実際に比べてみると2世代前のミドルレンジに迫るほどです。

ファイナルファンタジーXIV: 漆黒のヴィランズ

グラフィックボード fps値
RTX2080 Max-Q 117fps
RTX2070 110fps
RTX2070 Max-Q 98fps
RTX2060 98fps
GTX1660Ti 95fps
GTX1650Ti 75fps
GTX1650 64fps

※1920 x 1080 / 最高品質で測定

最高画質でも平均75.2FPSを安定してキープできるので、快適に遊べる目安である60FPSはクリアしています。

ただ、レイド戦などで高い負荷がかかる場合だと、60FPSを割り込むこと可能性は0ではありません。

「高品質 (ノートPC)」程度の画質まで落とせば平均100FPS出ますので問題ありませんが、最高画質ではややフレームレートが足りず、わずかにカクつくことがあります。

FINAL FANTASY XV WINDOWS EDITION

品質 スコア
軽量品質 7910
標準品質 6053
高品質 4211

ハイスペで有名なFF15になると、最高品質では「普通」の評価だったものの、軽量品質と標準品質では「快適」との評価が出ます。

スコア的にはわりとギリギリのラインになるので、シーンによってはカクつきが目立ちます。

フォートナイト

グラフィックボード fps値
GTX1660 Ti(Mobile) 98.0
GTX1060(Mobile) 84.4
GTX1650 Ti(Mobile) 80.2
GTX1650 70.5
GTX1650(Mobile) 68.4
GTX1050(Mobile) 49.9

※1920 x 1080 / 最高品質で測定

前モデルよりも平均フレームレートが20%以上向上しています。

最高画質の「エピック」でも常時60FPSオーバーはクリアしますが、120Hzのなめらかな動きでプレイするのであれば、画質を下げないと少し厳しいです。

「高」画質をベースに、微調整する事を推奨します。

高リフレッシュレート対応モニターを活かすなら設定を下げることが必須です。

モンスターハンターワールド:アイスボーン

グラフィックボード fps値
RTX2060 51fps
GTX1660Ti 46fps
GTX1650Ti 34fps
GTX1650 32fps

※1920 x 1080 / 最高品質で測定

平均60FPSには届きませんが、30fpsはキープできるので、ソロでのんびり楽しむ分には問題ないスペックになります。

オンラインのマルチプレイで周回したいのであれば、低画質にしてフレームレートを向上させた方がいいです。

PUBG

グラフィックボード fps値
RTX2080 160fps
RTX2080 Max-Q 145fps
RTX2070 134fps
RTX2060 116fps
GTX1660Ti 110fps
RTX2070 Max-Q 107fps
GTX1650Ti 82fps
GTX1650 69fps

※1920 x 1080 / ウルトラで測定

GTX1650よりも10%平均フレームレートが高くなっています。

普通にプレイを楽しむなら最高画質の「ウルトラ」でも80fps以上出ますが、対戦プレイを有利に進めたいなら、フレームレートはやはり120FPSを目指したいところです。

ただ、PUBGは画質を下げてもプレイにはあまり影響しないので、割り切って画質を下げてプレイするのであれば、GTX1650Tiでプレイするのもアリかもしれません。

シャドウオブザトゥームレイダー

グラフィックボード fps値
RTX2080 Max-Q 90fps
RTX2070 88fps
RTX2070 Max-Q 79fps
RTX2060 72fps
GTX1660Ti 69fps
GTX1650Ti 50fps
GTX1060 46fps
GTX1650 46fps
GTX1050Ti 30fps

※1920 x 1080 / 最高品質で測定

重い部類に入る本作では、フルHDでも最高設定だとギリギリ60fpsに届きません。

最低60fpsにこだわるならGTX1660Ti以上を推奨します。

ファークライ ニュードーン

グラフィックボード fps値
RTX2080 Max-Q 91fps
RTX2070 84fps
RTX2070 Max-Q 83fps
RTX2060 79fps
GTX1660Ti 73fps
GTX1650Ti 62fps
GTX1650 54fps

※1920 x 1080 / 最高品質で測定

ファークライもなかなか重い部類のゲームですが、GTX1650Tiでもギリギリ60fpsをキープできます。

バトルフィールドV

グラフィックボード fps値
RTX2080 126fps
RTX2080 Max-Q 108fps
RTX2070 107fps
RTX2060 88fps
GTX1660Ti 86fps
GTX1650Ti 62fps
GTX1650 43fps

BF5はギリギリ60fpsに到達できましたが、重いシーンでは多少フレームレートが落ちる場面もありました。

GTX1650Ti 性能 /GTX1650 Ti搭載のおすすめゲーミングノート

LEVEL-15FX067-i7-RLSXM(パソコン工房)

正式名称 LEVEL-15FX067-i7-RLSXM
液晶 15.6型(非光沢カラー液晶) フルHD(1920×1080ドット)
重量 約2.0kg
CPU Core i7-10750H
GPU GeForce GTX 1650 Ti
メモリ 8GB
ストレージ SSD MVNe250GB
価格 114,980円(+税)
販売元 パソコン工房

ハイパフォーマンスと省スペース性に優れるNVMe M.2 SSDを搭載している一押しモデル。

コスパも優れており、GTX 1650 Ti+Core i7の組み合わせのモデルの中で一番安いです。

ライバル社の有名なGTX1650Ti搭載モデルはCPUにCore i5を採用しているのに対して、パソコン工房のモデルはCore i7搭載でGTX 1650 Tiの性能を存分に引き出せるモデルになっています。

その分、1万弱高いですが、同じグラボ搭載モデルでもスペックに余裕があります。

LEVEL-15FX067-i7-RLSXMの詳細
icon

GF75 Thin GF75-10SCSR-001JP(MSI)

名称 GF75 Thin GF75-10SCSR-001JP
モニターサイズ 17.3インチ 120Hz
価格 138,800円(税込)
CPU Core i7-10750H
GPU GeForce GTX1650 Ti Mobile
メモリ DDR4 16GB
SSD 512GB NVMeSSD
販売元 パソコンSHOPアーク(MSI)

当サイトの検証で使ったモデル。

税抜154,363円とGTX1650 Ti Mobile搭載モデルとしてはやや高いです。

高い理由は、超薄型な上に、CPUがCore i7-10750H、液晶モニターが17.3インチで120Hz対応モニターとハイスペックなパーツで構成されている事が挙げられます。

ただ、グラボの性能的には120Hzモニターを活かしにくいので、実際のゲームプレイだけに絞るならここまでのパーツ構成は不要です。

GTX1650Ti搭載モデルでも「最高級品」が欲しい人向けのモデルと言えるでしょう。

GF75 Thinの詳細

Razer Blade Stealth 13(Razer)

名称 Razer Blade Stealth 13 RZ09-03102J22-R3J1
モニターサイズ 13.3インチ 120Hz
価格 238,800円(税込)
CPU Core i7-1065G7
GPU GeForce GTX1650 Ti Mobile
メモリ DDR4 16GB
SSD 512GB NVMeSSD
販売元 パソコンSHOPアーク(RazerI)

Ultrabookのもつ超薄型の携帯性と一日中持続するバッテリーパワーを備えながら、ゲーミングノートパソコンのパフォーマンスを実現した初のモデルです。

なめらかなビジュアルを表現する120Hz対応の4.9mm薄型ベゼル 13 インチ フル HD マットディスプレイを搭載、デザイン製も非常にオシャレです。

ただ、いくら薄型のUltrabookでも、20万オーバーのお値段なので実際に購入すべきかちょっと迷うところ。

モニターも13.3インチと小型であり、携帯性重視であれば選択肢に入れてもいいかもしれません。

Razer Blade Stealth GTX1650Ti搭載モデルの詳細

GALLERIA GCL1650TGF(ドスパラ)

名称 ガレリアGCR1650GF
モニターサイズ 15.6インチ 60Hz
価格 99,980円(税抜)
CPU Core i5-10300H
GPU GeForce GTX1650 Ti Mobile
メモリ DDR4 16GB
SSD 500GB NVMeSSD
販売元 ドスパラ

GTX1650Tiを搭載モデルのゲーミングノートで1番有名なPCの1つ。

何といっても、税抜10万円以下で購入できる安さが魅力です。

15.6インチモニターなので持ち運びもしやすく、SSD 500GB NVMe対応で構成も十分です。

ただ、在庫切れが多く中々買えないのと、やはりCPUがCore i5なので最新ゲームに対するゲーミング性能が年々厳しくなりつつあるので、これから購入するには微妙なモデルです。

GTX1650Ti 性能 /まとめ

GeForce GTX1650 Tiは、GTX1650の強化版としてのスペックはしっかりと満たしていますが、GTX1650自体が微妙な立ち位置のグラボである為、購入を迷う人は多いかと思います。

しかし、フルHDのエントリークラスとしては非常にコスパが高いので、初めてゲーミングノートを購入する人にはおすすめできます。

最高品質の60fpsプレイにこだわらなければ、ほとんどのゲームを快適にプレイできますので、入門向けのモデルとしては選択肢に含める価値のあるグラボです。

関連記事:グラボ おすすめ /グラフィックボード(GPU)を比較して評価【2020年】

関連記事:ゲーミングpc おすすめ /ゲーミングパソコンランキング・人気ゲーム用pc比較【高性能なデスクトップ】