mhw pc スペック

mhw pc スペック /モンハンワールドのPC版(Steam)とは?

「モンハンワールド」は、全世界で800万本も売り上げた大人気の狩ゲーです。

長らくPS4でしかプレイできなかったのですが、2018年8月10日ついにPC版(完全日本語版)がWindows向けのSteam(スチーム)により発売されました。

配信直後の同時接続数は、およそ24万人近くを記録するなど、初日から全世界で凄まじい人気を博しました。

2020年01月10日にはPC版モンスターハンターワールドの最新拡張パック「MONSTER HUNTER WORLD: ICEBORNE」も発売され、その人気は止まる事を知りません。

PC版だけのメリット

モンハンワールドは、PC版とPS4で全く同じゲーム内容になっています。

しかし、PC版のモンハンワールドは、グラフィック設定が細かく変更可能・フレームレート制限無し・垂直同期をオフにできる等、PC版だけの様々なメリットがあります。

PC版MHWのメリット①:高画質プレイが可能

PC版の最大の魅力は、やはり超高画質でプレイできる点が挙げられます。

3840×2160の4K解像度にも対応しているだけでなく、垂直同期を切ることによって表示遅延を抑えられるので、操作性も向上します。

フレームレートについては30fps制限、60fps制限、制限なしで選択可能となっています。

PS4版と違って、常時60fpsでプレイできるのも大きいですが、120fpsで安定するならば、120Hz駆動のモニターで滑らかな映像で楽しめます。

PC版MHWのメリット②:多彩なゲーミングデバイスで操作可能

PC版はマウス&キーボード操作にも対応していますが、XboxコントローラーやPS4コントローラーでも操作できます。

ボタン表示はXBOX準拠の表示となっていますが、決定ボタンはBボタンかAボタンかで選択することができます。

ただし、コントローラーは繋ぐだけでは動きませんのでご注意下さい。

STEAMの設定画面から、コントローラーを選択し、一般コントローラー設定と進み、「PlayStation 設定サポート」と「Xbox 設定サポート」のチェックボックスにチェックを入れるのを忘れないようにしましょう。

PC版MHWのメリット③:SSDのおかげでロードが早い

「モンハンワールド」でのマップは、エリア移動の際に読み込みのないシームレスになっていますが、クエストを受注してからクエスト開始するまでのロード時間がPS4版は結構長くかかりました。

しかし、SSDを搭載したゲーミングPCの場合、ロード時間が驚く程早くなります。

SATA接続のSSDもPCIe接続のM.2 SSDでもほぼ同様の読み込み速度になりますので、安い方のSATA接続のSSDでも入れる価値はあるでしょう。

PC版MHWのメリット④:NVIDIA DLSSにも対応

2019年7月18日にモンハンワールドに「タイトルアップデート Ver.6.1」が配信された際に、MHWもNVIDIA DLSSにも対応するようになりました。

DLSSを適用する事でRTX20シリーズはWQHD(2560×1440)、4K(3840×2160)解像度においてパフォーマンスが極めて向上しますので、更に美しい画質とリアルな狩りを楽しめるようになったのは大きなメリットです。

PC版のデメリット

モンハンワールドPC版がPS4版より唯一デメリットがあるとしたら、価格がやや割高な点が挙げられます。

PS4版より価格が高い

PS4版の『モンスターハンター:ワールド』は、発売当初は非常に強気の価格でしたが、ベストプライス版が発売されてから、価格はかなり下がっています。

Steam(PC版)が、PS4版の発売当初の価格に比べるとかなり安いですが、現在のベストプライス版のPS4版と比べるとやや割高です。

Steam(PC版)
通常版 デジタルデラックス版
5,546円+税 6,519円+税
PS4
パッケージ版 ダウンロード版 デジタルデラックス版
発売当時 8,980円+税 8,315円+税 9,241円+税
現在 (2020/7/11) 4,990円+税 4,620円+税 5,546円+税

ただ、PC版には高画質プレイやロード時間の短縮といった大きなメリットがある事を考慮すると、ゲームのソフトウェア自体の価格差は誤差の範囲です。

実際にPC版を選ぶかどうかは、ゲーミングPC自体の価格とメリットを天秤にかけて決める事になります。

mhw pc スペック /推奨スペック

MHW本体の推奨スペックは以下の通りです。

必須動作環境 推奨動作環境
OS Windows7/8.1/10 64bit
CPU Intel i5-4460
AMD FX-6300
Intel i7-3700
Intel i3-8350
Ryzen 5 1500X
メモリ 8GB
グラフィックカード GeForce GTX760
AMD Radeon R7 260x
GeForce GTX1060 3GB
Radeon RX 570
ストレージ 20GB以上の空き容量

一見すると低スペックPCでもプレイできるように見ますが、実際に公式の必要スペックのGTX1050でフルHD&グラフィック(低)の設定で30fpsでプレイすると、カクつきがかなり酷いです。

つまり、公式の必要スペックのままプレイするのはおすすめ出来ません。

GTX1650のフルHD&高画質で平均40fps、中画質で平均60fpsとなりますので、画質を下げれば結構滑らかに動くようになります。

MHW:iceborne 推奨スペック

ICEBORNEをプレイする場合の推奨スペックは以下の通りです。

必須動作環境 推奨動作環境
OS Windows7/8.1/10 64bit
CPU Intel i5-4460
Intel i3-9100F
Ryzen 3 3200G
Intel i7-3700
Intel i3-9350F
Ryzen 5 1500X
Ryzen 5 3400G
メモリ 8GB
グラフィックカード GeForce GTX760
GeForce GTX1050
AMD Radeon RX560
GeForce GTX1060 3GB
GeForce GTX1650
Radeon RX 480 or 570
ストレージ 48GB以上の空き容量
(High Resolution Texture Pack適用時は+45GB)

ICEBORNEの必要スペックについては、ストレージ以外はノーマル版とほぼ変わりません。

ストレージについては、本体だけだと20GB以上の空き容量でいいのですが、ICEBORNE拡張パックをインストールする場合は、48GB以上の空き容量が必要となります。

MHW:iceborne 高解像度 推奨スペック

MHW:ICEBORNEでは、高解像度でプレイする為の推奨スペックも公開されています。

WQHD推奨環境 4K推奨動作環境
OS Windows7/8.1/10 64bit
CPU Intel i5-6660K
Intel i5-9400F
Ryzen 7 1700
Ryzen 5 3600
Intel i7-7700K
Intel i7-9700F
Ryzen 7 2700X
Ryzen 7 3700X
メモリ 8GB 16GB
グラフィックカード GeForce GTX970
GeForce GTX1660
AMD Radeon RX580
GeForce GTX1080Ti
GeForce RTX2070S
Radeon RX 5700XT
ストレージ 48GB以上の空き容量
(High Resolution Texture Pack適用時は+45GB)
解像度 2560×1440 3840×2160

上記は公式で公開されている推奨スペックになりますが、30FPSを前提にしたスペックになっているので注意がひつようです。

快適に遊ぶ為にはやはり60FPS以上のプレイ環境を目指したいところです。

MHW:iceborne High Resolution Texture Pack 推奨スペック

「High Resolution Texture Pack」は、PC版専用の見た目のディティールが更に美しくなるテクスチャパックで、無料DLCです。

High Resolution Texture Packをインストールすると、PCに負荷がかかるので、更に上のスペックが推奨されています。

WQHD推奨環境 HRTP推奨動作環境
OS Windows7/8.1/10 64bit
CPU Intel i7-3700
Intel i3-9350F
Ryzen 5 1500X
Ryzen 5 3400G
メモリ 8GB
グラフィックカード GeForce GTX1060 3GB
GeForce GTX1650
Radeon RX 480 or 570
GeForce GTX1070
Radeon RX Vega56
ストレージ 48GB以上の空き容量
(High Resolution Texture Pack適用時は+45GB)

上記の通り、クライアントの容量が+45GB追加、グラボのグレードが2ランク上のスペックが必要となってきます。

最新モデルだとGTX1660Ti以上を選ぶ事になるので、GTX1070の性能を上回ります。

PCからPS4をリモートプレイする場合のスペック

PS4版『モンハンワールド』でも、リモートプレイ機能を使うことで、PCにてプレイすることが可能です。

windowsでの動作環境 Macでの動作環境
OS Windows 8.1(32ビット版または64ビット版) OS X Yosemite
OS X El Capitan
macOS Sierra
CPU 2.67GHz Intel Core i5-560M以上
2.50GHz Intel Core i5-2450M以上
2.40GHz Intel Core i5-520M以上のプロセッサ
メモリ 2GB
グラフィックカード NVIDIA Geforce GTX750以上
AMD Radeon R7 260X 以上
NVIDIA Geforce GTX970以上
AMD Radeon RX 480 以上
ストレージ 100MB以上 40MB以上
DirectX DirectX 11
解像度 1024 x 768以上

PS4のリモートプレイはWindowsでもMacでも利用可能となっています。

リモートプレイでは、グラフィックなどの動作処理はすべてPS4側で行いますので、PC側には高いスペックを要求されない事が分かります。

mhw pc スペック /おすすめのスペックは平均60fps以上

公式で推奨されている30fpsではMHWを快適にプレイする事はできません。

平均60fps以上のプレイ環境を満たしたPCが必要です。

グラボ・CPU・メモリについてカスタマイズする必要があります。

①グラボ「GTX 1660」以上

MHWで60fps出すには上位のグラボが必要です。

フルHDの最高画質で安定して60fpsを求めている方はNVIDIA GeForce RTX2060 SUPER以上、高画質で平均60fpsならGeForce GTX 1660以上が必要です。

②CPU「Intel Core i5-9400F」以上

フルHDやWQHDでMHWをするだけならIntel Core i5-9400F、配信・動画編集・4Kでプレイを希望する方にはIntel Core i7-9700以上をおすすめします。

③メモリ「8GB」以上

MHWのメモリー使用量はフルHD・WQHDでプレイしても8GBを超えることはありません。

しかし、4Kでのプレイや実況プレイなどMHWしながら他のこともやりたい方は16GBまで増設することをおすすめします。

4Kで実況プレイ、4Kの動画編集している配信者は、32GBまで増設する事をおすすめします。

mhw pc スペック /ベンチマーク

実際にMHWのベンチマークを計測してみました。

CPUはCore i7-8700Kでメモリは16GB PC4-21300を使用、低、中、高、最高の4つの設定で計測しています。

実際計測して分かったのは、MHWはかなり重い部類のゲームだという事。

オープンワールドなので、フレームレートの振れ幅が大きく、調査拠点で80fps以上、大型モンスターの狩り中は、60fps前後まで落ち込んだりもします。

フルHD(解像度:1920×1080)のベンチマーク

低設定 中設定 高設定 最高設定
RTX2080Ti 139fps 127fps 125fps 115fps
RTX2080 140fps 128fps 126fps 100fps
RTX2070 138fps 119fps 110fps 82fps
RTX2060 132fps 100fps 93fps 69fps
GTX1080Ti 118fps 110fps 108fps 90fps
GTX1080 115fps 98fps 90fps 70fps
GTX1070Ti 113fps 96fps 88fps 69fps
GTX1070 113fps 87fps 80fps 60fps
GTX1060 (6GB) 113fps 65fps 59fps 43fps
GTX1060 (3GB) 80fps 59fps 54fps 21fps
GTX1050Ti 113fps 38fps 34fps 21fps
GTX1050 73fps 35fps 33fps

下位のグラボだと、最高画質でプレイするとめっちゃ重いです・・・。

最上位のRTX2080でも平均101fps程度しか出ませんので、120fpsを目指すならRTX2080Tiは必須です。

GTX1070でギリギリ平均60fpsを越えていますが、戦闘中は49fpsまで下がるシーンもありましたので、安定感を考えるとGTX1070Ti以上がおすすめです。

GTX1060は公式の推奨スペックに書かれている通り、なんとか30fps以上は維持できていますがプレイ画面はカクカクします。

CPU負荷については52%、メモリ使用量は5.6GBでしたので、CPUはCore i7のほうが良いです。

メモリは8GBあれば大丈夫ですが、配信を考えるとやはり16GB搭載しておいた方がいいです。

4K(解像度:3840×2160)のベンチマーク

低設定 中設定 高設定 最高設定
RTX2080Ti 135fps 70fps 63fps 46fps
RTX2080 126fps 55fps 50fps 35fps
RTX2070 103fps 44fps 40fps 28fps
RTX2060 82fps 35fps 32fps 23fps
GTX1080Ti 112fps 51fps 45fps 32fps
GTX1080 89fps 35fps 34fps 23fps
GTX1070Ti 85fps 34fps 33fps 22fps
GTX1070 76fps 33fps 32fps 19fps

フルHDでGTX1060以下で計測しても快適にプレイできる数字が出なかったので、4KはGeForce GTX 1070以上のカードで計測しました。

4Kだとかなりの負荷がかかるので、中設定以上でプレイするにはRTX 2080Tiが必須です。

ゲーミングノートのベンチマーク(フルHD設定)

低設定 中設定 高設定 最高設定
GTX1070 80fps 64fps 62fps 57fps
GTX1060(6GB) 78fps 58fps 53fps 39fps
GTX1050Ti 76fps 38fps 34fps 24fps

ALIENWARE15(GTX1070)、ALIENWARE17(GTX1060)、GALLERIAGKF(GTX1050Ti)の3台のゲーミングノートでそれぞれのfps値を計測してみました。

ノートPCでプレイする場合、フルHD(解像度:1920×1080)で最高設定でプレイするのは結構厳しいです。

ただ、画質を落として低設定にすれば、GTX 1050Tiでも快適に動作します。

GTX 1070以上なら高設定以上で快適にプレイできるのでおすすめです。

mhw pc スペック /おすすめのゲーミングPC

MHWを「高」設定でプレイできる推奨PC

G-Tune HL-B

正式名称 G-Tune HL-B
CPU Core i7-10700
グラフィックス GeForce RTX 3060
メモリ 16GB (8GB×2 / デュアルチャネル)
ストレージ 256GB NVMe SSD /2TB HDD
電源 700W
価格 186,780円(税込)
販売元 G-TUNE

おすすめ度:★★★★★

フルHDの高画質で平均80fpsオーバーを叩き出すRTX3060を搭載したゲーミングPCです。

高性能CPUだけでなく、ハイエンドクラスのグラフィックスを採用しており、ゲーミングモニターでも快適にプレイする事ができます。

更に、普通のSSDよりもさらに速いNVMe SSDを搭載しており、ロード時間のストレスもなく、快適なプレイを楽しめます。

このスペックで20万以下で買えるゲーミングPCは、他社ではほとんど取り扱いがありません。

ハンドル付属のケースもついており、LANパーティやイベントにも使えるのでお得感もあります。

G-Tune HL-Bの詳細

MHWを「最高」設定でプレイできる推奨PC

G-Tune HN-Z-6700XT

正式名称 G-Tune HN-Z-6700XT
CPU Core i7-11700K
グラフィックス Radeon RX 6700 XT
メモリ 16GB
ストレージ 512GB NVMe SSD /2TB HDD
電源 800W 【80PLUSR TITANIUM】
価格 274,780円(税込)
販売元 G-TUNE

おすすめ度:★★★★★

G-TUNEのゲーミングデスクトップの売れ筋上位常連モデル。

かつての最上位のグラボである「RTX 2080 Ti」を超える性能でコスパも良い、RX 6700 XTを搭載しており、グラボの性能を最大限引き出せるようワンランク上のCPUを搭載しています。

ゲーマーの視点からあらゆるシーンでの使用を想定しており、前世代からグラフィックの演算性能が2倍以上にアップしています。

底面の大型吸気口のフィルターには、簡単に着脱できるマグネット式ダストフィルターを採用しており、そのまま水洗いも可能なので、日々のメンテナンスも簡単です。

ストレージベイは、最大で5台まで搭載可能となっていますが、配置場所をケース上面と側面としているので、ケース内のエアフローを妨げないというカスタマイズ性の高さも見逃せません。

G-Tune HN-Z-6700XTの詳細

MHWを「低画質」設定でプレイできる推奨PC

LEVEL-M0B5-RP54-EZX

正式名称 LEVEL-M0B5-RP54-EZX
CPU Ryzen 5 PRO 4650G
GPU Radeon Graphics
メモリ 8GB DDR4
ストレージ 500GB NVMe対応 M.2 SSD
電源 350W 静音電源 80PLUS
価格 76,978円(税込)
販売元 パソコン工房

設置場所に困らないミニタワーの省スペースデスクトップパソコン。

内蔵GPUのマシンですが、メモリ消費が激しいFPSやTPSでなければ比較的スムーズにプレイできるゲームが多いです。

特に数世代前の軽いゲームであれば、60fpsキープも十分に可能。

ただし、動画編集・動画配信のパフォーマンスはあまり良くないので、配信目的であればワンランク上のゲーミングPCを購入するようにしましょう。

LEVEL-M0B5-RP54-EZXの詳細icon

G-Tune PM-A

正式名称 G-Tune PM-A
CPU Ryzen 5 3500
グラフィックス GeForce GTX 1650
メモリ 8GB
ストレージ 256GB NVMe SSD /1TB HDD
電源 500W
価格 109,780円(税込)
販売元 G-TUNE

コストパフォーマンスに優れたゲーミングデスクトップPC。

CPUをRyzenにして、最もコスパに優れていると言われるグラボのGTX 1650を搭載しています。

ただ安いだけでなく、実際にゲーミングパソコンを使用するゲーマーの声を元に作られている点も見逃せません。

外観は無駄を省いたシンプルなシルエットのマット仕上げで、パソコンでゲームをする際の利便性を追及したデザイン性になっています。

更に、VRで活用の多いHDMI端子をフロントに設置する等、ユーザーの事を徹底的に考えられており、非常に満足感が高いモデルになっています。

G-Tune PM-Aの詳細

MHWを動画配信できる推奨PC

FRGH-Z590

正式名称 FRGH-Z590
CPU Core i7-11700F
グラフィック GeForce RTX 3070
メモリ 16GB
ストレージ 1TB M.2 NVMe SSD / 2TB HDD
価格 279.800円(税込)
販売元 FRONTIERゲーマーズ

おすすめ度:★★★★★

FRONTIERのGBシリーズは、高性能かつ魅せるミドルタワーを目指して構成されたハイエンドモデル。

初期のパーツ構成は、基本モデル含めて3パターンの構成から選べますが、基本構成でも重いゲームをフルHD環境で快適にプレイできるスペックになっています。

マザーボードにもこだわりがあり、11世代プロセッサー対応のハイエンドマザーボード「Z590-A PRO」が採用されています。

デザインも特徴的で、スタイリッシュな黒色と上品な白色の2色から選択可能。

また、前面と背面に大型ファンを搭載しており、裏面配線と電源を区分け配置することでエアフローを妨げずより効率的な熱排気が可能な構成になっています。

さらに、他社ではRTX3000シリーズ不足による売り切れが多い中で、本器は受注生産で、ほぼ確実に購入できるのも魅力。

それでいて、値段も良心的なので、文句の付け所がないマシンです。

FRGB-Z590の詳細

MHWにおすすめのゲーミングノート

G-Tune E5-165

正式名称 G-Tune E5-165
液晶 15.6型 フルHDノングレア (144Hz)
重量 約1.73kg
CPU Core i7-10870H
グラフィックス GeForce RTX 3060
メモリ 16GB (8GB×2 / デュアルチャネル)
ストレージ SSD MVNe512GB
価格 208,780円(税込)
販売元 G-TUNE

おすすめ度:★★★★★

演算処理に優れたデスクトップ用のCPUと 速い動きも滑らかに表現するリフレッシュレート144Hz液晶パネルを採用した 15.6型ゲーミングノートPC。

「中設定以上」でMHWをプレイするなら一押しのモデルです。

HDMI、Mini DisplayPort、USB Type-Cの3系統出力により 最大で4画面の同時出力にも対応しています。

前モデルのE5-Dに搭載していた GeForce RTX 2060に比べ、グラフィック性能では約27%、レイトレーシングでは約87%の性能向上を実現しています。

更に安いゲーミングノートが欲しい場合は、GTX1660やGTX1060搭載モデルをベースにカスタマイズして「低設定」でプレイする事になりますので、快適プレイが目的なら本機がおすすめです。

G-Tune E5-165の詳細

mhw pc スペック /まとめ

モンハンワールドの公式サイトの推奨スペックは、30fpsを基準に公開されているのであまり参考になりません。

快適なプレイには、60fps以上の推奨PCが必要です。

美しいグラフィックスで遊べるだけでなく、ロード時間の短縮でプレイ環境も劇的に快適になりますので、是非妥協しないスペックのマシンでプレイする事をおすすめします。

関連記事:ゲーミングpc おすすめ /ゲーミングパソコンランキング・人気ゲーム用pc比較【高性能なデスクトップ】