バイオハザード オペレーション・ラクーンシティ 推奨PC

バイオハザード オペレーション・ラクーンシティのゲーム内容

『バイオハザード オペレーション・ラクーンシティ(ORC)』は、コンシューマ機で発売され200万本以上もの売り上げをした、バイオシリーズのシューティング特化型ゲームです。

本作は死神の異名をもつ「ハンク」率いる、アンブレラ社の特殊工作部隊として、ゾンビやモンスター以外にもアメリカ政府の特殊部隊とも戦闘を繰り広げます。

PC版では3D立体視にも対応予定となっており、PCユーザーには嬉しい特典となることが期待されています。

悪側からの視点で進んでいくシナリオは、既存のラクーンシティの惨劇では明かされなかった極秘裏のミッション、真実を知ることができます!

⇒ゲームの詳細はこちら!

バイオハザード オペレーション・ラクーンシティの動作環境

必須動作環境 推奨動作環境
OS Windows XP/Vista/7
CPU Core 2 Duo/2.4GHz Core 2 Quad/2.7GHz
メモリ 2GB 4GB
グラフィックカード GeForce 8800 GTS GeForce GTX 560 Ti以上
HDD 10GB以上
DirectX DirectX 9.0c以上

バイオハザード オペレーション・ラクーンシティ推奨PCを選ぶポイント

ORCは3Dのシューティング性を売りにしているだけあり、かなり派手なアクションでメモリを食います。

メモリだけならどうとでもなるのですが、ネックになってくるのは推奨環境でGTX560以上が求められている点で、これはFF14の推奨環境すら上回ります。

しかし、FF14発売当時はGTX400番台が実質的な最上位だったのに比べて、現在では600番台以上のグラボでも手頃に買えるようになってきたのが救いです。

最悪でもグラボだけでもいいものを載せるようにしておきましょう。

おススメのバイオハザード オペレーション・ラクーンシティ推奨PCはこれ!

バイオ系の推奨PCなら、やはりTPS/FPS用のハイスペックモデルのPCが一番相性がいいです。

GTX1660Ti搭載でもGPUをIntel同スペック品のRyzenの製品を選んでおけば10万ちょっとで購入出来ます。

なお、バイオ6までプレイする事を考えているなら、SSDに換装したモデルをおススメします。

TITAN搭載の超ハイスペックモデルだと値段が跳ね上がるので、特にこだわりが無ければスタンダードモデルでも十分です。

おススメのバイオハザードORC推奨PC(ガレリア RT5)