pso2 推奨スペック

pso2 推奨スペック /必要・推奨動作環境

PSO2の公式サイトで公開されている必要動作環境及び推奨動作環境について、それぞれ解説します。

必要動作環境(公式)

OS Windows VISTA、7、8、8.1
CPU Intel Core 2 Duo E6300以上
メモリ 2GB
GPU GeForce 7800GT(Radeon HD2900XT以上)
HDD空き容量 67GB以上(NTFS形式)
※2020年2月12日時点のHDD空き容量となります。

PSO2は古いゲームなので、最新のオンラインゲームの推奨スペックと比較すると、求められる推奨スペックは圧倒的に軽いです。

CPUに「Core 2 Duo」と書いてありますが、2020年現在はほぼ使われていないかなり古いCPUです。

グラフィックボード(GPU)も、最近主流になっている「GeForce GTX」や「Radeon RX」ではなく「GeForce GT」に「Radeon HD」ですから、これも相当に古い時代のグラフィックボードです。

つまり、PSO2は高価なハイエンドモデルは不要という事になります。

PSO2推奨動作環境(公式)

公式の推奨環境についても、必要動作環境と同じとなっており、求められるPCスペックがかなり低い事が分かります。

クラウドPC版の動作環境

OS Windows 8.1/10 32bit・64bit日本語版
CPU Core i5 (第2世代)以上 / クロック数 2.0 GHz 以上
メモリ 2GB
GPU 不要(オンボードにて動作)
HDD空き容量 100MB以上の空き領域
DirectX DirectX 11以上
インターネット接続環境 ブロードバンド対応環境(10Mbps以上の安定したインターネット回線)

無線の場合はWi-Fi 802.11ac 5GHzを推奨

インテル Core i5/i7 3000シリーズのグラフィック機能「インテル HD グラフィックス 4000」を搭載しているPCであれば、クラウドでPSO2をプレイする事ができます。


参考:http://pso2.jp/players/manual/setup/pc/

クラウド版は通信環境によって遅延が発生するリスクや、ゲームパッドがXInputに対応した製品が使えないといったデメリットもありますが、大容量のクライアントやアップデートデータのダウンロードが不要であるというメリットも大きいです。

おすすめのスペック

公式の推奨環境の基準はかなり低めですが、実際にプレイするとなると、もう少し余裕を持ったスペックのPCを用意しておきたいところです。

ゲーム配信等の他の作業をしながら快適にプレイする為にはどのくらいのスペックが必要なのか解説します。

CPU:Core i5以上推奨

PSO2はCPUへの依存度はかなり低く、Core2Duo以上なら普通にプレイできます。

しかし、1コアだとカクカクする事があるので、設定に関わらず4コア以上実装されているCPUを選びましょう。

ギリギリのスペックのCPUだと、OS自身のアップデートのチェックなど、バックグラウンドでの処理が重なるとフレームレートが低下したり、ロード時間が一時的に伸びて動作が不安定になります。

Intel Coreシリーズの第8世代~第9世代であればi3以上、第4世代~第7世代であればi5以上が推奨スペックの目安となります。

第8世代~第9世代のCore i3は消費電力も少ないためオススメですが、i7向けの空冷CPUクーラーを取り付けるとファンレスも実現可能です。

PSO2をプレイしながら動画を見たり、攻略サイトを見る為にブラウザでタブを大量に表示したままにしたいという場合はi7、ゲーム配信もしたい人はi9がおすすめです。

RyzenのハイエンドモデルのCPUとは相性が悪い?

クロック数を変えたPC環境によっては、Ryzenシリーズのハイエンド帯のCPUでまともに動作しない事がありますので避けましょう。

ただし、Ryzen 5 2400G、 Ryzen 5 3400Gであれば内蔵グラフィックの性能が高く、設定5までであればGPUなしでもフルHDでプレイできます。

なお、CPUの内蔵グラフィックでも、GPUと同様に専用ドライバのインストールが必要になります。

Ryzen 2400Gで、ドライバをインストールしていない状態でベンチマークを行うと、設定1でも800~1500という酷いスコアになりますが、ドライバがインストール済みであれば、設定1のスコアは85000~90000ほどになります。

専用ドライバをインストールしていなくてもプレイできる場合もありますが、PSO2のCPU使用率(占有率)が常に70%を超えている状態になってしまい、設定1でしか起動できなかったり、音声が再生されない、ロード時間がVita版よりも長い等の不具合が頻発します。

メモリ:8GB以上

PSO2はMOなのでそこまでメモリが必要なゲームはありませんが、アクション要素が大きいので、8GBは積んでおきたいです。

PSO2のクライアントは最大1.3GBまでしか使用しないので、8GBあれば、OSの使用量と合わせても5GBぐらい余裕が出ます。

動画配信もする場合は、8GBでもちょっと心許ないので、16GBにしておく事をおすすめします。

グラボ:GTX1050Ti以上推奨

必要なグラボは簡易設定や解像度、フレームレート(FPS)等で大きく変わってきますが、フレームレートが高いほどロードが早くなるのでおすすめです。

今からPSO2のためだけにグラボを購入するなら最低でもGTX1050Tiを搭載しておきたいところです。

VRや洋ゲーのFPSもプレイするのであれば、最低でもGTX1070かGTX1660をおすすめします。

HDD空き容量:100GB以上のSSD推奨

クラウド版であれば100MB以上の空き容量で済みますが、クライアントをインストールするPC版は、アップデートの度にファイルの容量が増えて、求められるストレージはどんどん増えていきます、

発売当初は20GBの空き容量でしたが、2020年現在では67GBまで増えています。

今後のアップデートの事も考えると、100GB以上は容量を空けて置いた方がいいでしょう。

また、ストレージはSSDにしておくとPSO2のロード時間がかなり短縮されるだけでなく、ゲームの起動時やマップ切替時の読み込み速度が劇的に早くなります。

SSDはSLC方式が一番早いのですが、PSO2レベルのスペックのゲームなら、MLCが一番コスパが良くておすすめです。

pso2 推奨スペック /ベンチマーク

PSO2には、他のネットゲームのようにプレイ環境が十分であるか確認するための「ベンチマーク」が公開されており、PSO2のキャラクタークリエイト体験版ソフト内でベンチマークを実施することができます。

PSO2キャラクタークリエイト体験版 EPISODE4(ベンチマークテスト機能搭載)

また、PSO2公式では、ベンチマークのスコアによる快適度合いも公開されています。


参考:http://pso2.jp/benchmark/manual/

  • 2000点以下:動作は重たいので、描画設定を低くする必要がある
  • 5000点以下:それなりに動くけど、描画設定は調整する必要がある
  • 5000点以上:十分に快適なので、特に描画設定を気にせずに遊べます

5000点以上あれば、フレームレート換算で50fpsは出ますので、パーツ構成の指標になります。

と言っても、PSO2の場合はベンチマークスコア5000点をクリアーするのはそこまで難しくないです。

フルHD設定であれば、一昔前のグラフィックボードである「GTX750Ti」でも、スコア5000点は余裕でクリアーできます。

4K画質ならベンチマークスコア7000点以上

ゲームを快適にプレイできるフレームレートの基準値は60fps以上と言われていますが、PSO2の場合はベンチマークスコア7000点以上で4K画質で60fpsになります。

「GTX 960」でも、5000点は超えますが、フレームレートが50程度になってしまうので少々心許ないです。

1ランク上の「GTX 970」以上あれば約8,000点出ますので、4K用のグラボ選びの目安になります。

pso2 推奨スペック /おすすめゲーミングPC

設定6が快適な推奨PC|FRGA-H570

正式名称 FRGA-H570
CPU Core i5-11400F
グラフィック GTX 1660 SUPER
メモリ 16GB
ストレージ 512GB M.2 NVMe SSD
価格 129,800円(税込)
販売元 FRONTIERゲーマーズ

おすすめ度:★★★★★

インテル第11世代Coreプロセッサー搭載の高い拡張性と冷却性能が特徴のエントリーモデル。

軽めのゲームのPSO2をプレイ時にオーバースペックになり過ぎない程度に価格を抑えた最適のパーツ構成になっています。

マザーボードのPhantom Gamingはゲーマーのためにゲーマーが設計した製品で、前の第3世代の2倍の転送速度を実行できるため、非常に高速なデータ転送を行うことができます。

デフォルトの構成では、今やレアなグラボの代名詞とも言えるGTX 1660 SUPERを搭載しており、GTX 1660 TiやRTX 3060のカスタマイズモデルも選べます。

PC内の空間が広いため、購入後に大型のグラフィックスカードに載せ替えられるだけでなく、大型のCPUクーラーが搭載可能。

CPUを集中して強力に冷却するサイドフロータイプを採用した空冷CPUクーラーやメンテナンスフリーの水冷クーラーを選択できます。

FRGA-H570の詳細

Ryzen搭載の激安モデル|G-GEAR GA5A-D210/T

正式名称 G-GEAR GA5A-D210/T
CPU AMD Ryzen 5 3500
GPU GeForce RTX 1650
メモリ 16GB DDR4-3200
ストレージ 500GB SSD (M.2規格 / NVMe接続)
価格 111,800円(税込)
販売元 TSUKUMO(ツクモ)

おすすめ度:★★★★★

基本構成はGeForce RTX 3060を搭載したミドルレンジのモデルですが、GTX 1650にスペックダウンしてエントリークラスとして購入できるモデル

特筆すべきは、CPUをRyzenにする事で破格の値段の安さを実現している点です。

以前のRyzenはPSO2との相性があまり良くないと言う声もありましたが、Ryzen5は例外で、PSO2を設定5まで快適にプレイできる事が確認されています。

GTX 1650が軒並み値上がりしている中で、本機は値上がり前の価格である10万円前後から購入できます。

他社の知名度が高いエントリーモデルが軒並み売り切れの中で、本機は良い意味で売れ残っていた「掘り出し物」と言えるでしょう。

とはいっても、在庫はかなり少なくなってきていますので、売り切れ間近です。

なお、基本構成のGeForce RTX 3060のモデルも、ミドルレンジクラスのスペックでありながら14万円台から購入可能となっており、こちらも他社よりもはるかに安いです。

お財布に余裕がある人は基本構成で購入した方が、幅広いゲームを余裕を持ってプレイできるのでおすすめです。

G-GEAR GA5A-D210/Tの詳細

4Kプレイにおすすめのモデル|G-Tune HL-B

正式名称 G-Tune HL-B
CPU Core i7-10700
グラフィックス GeForce RTX 3060
メモリ 16GB (8GB×2 / デュアルチャネル)
ストレージ 256GB NVMe SSD /2TB HDD
電源 700W
価格 186,780円(税込)
販売元 G-TUNE

PSO2を4Kでプレイするのに一押しのミドルレンジのゲーミングPCです。

高性能CPUだけでなく、前世代のRTX2070SUPER以上のグラフィックスGeForce RTX 3060を採用しており、ゲーミングモニターでも快適にプレイする事ができます。

このスペックで20万以下で買えるゲーミングPCは、他社ではほとんど取り扱いがありません。

ハンドル付属のケースもついており、LANパーティやイベントにも使えるのでお得感もあります。

G-Tune HL-Bの詳細

PSO2におすすめのゲーミングノート|G-Tune P5

正式名称 G-Tune P5
液晶 15.6型 フルHDノングレア (IPS)
重量 約2.02kg
CPU Core i7-10750H
グラフィックス GeForce GTX 1650
メモリ 8GB
ストレージ SSD MVNe256GB
価格 131,780円(税込)
販売元 G-TUNE

おすすめ度:★★★★★

売れ筋No1を常に争っているモデルですが、特筆すべきは本体の軽さです。

リチウムポリマーバッテリー採用で薄型・軽量化を実現しており、MS-HYBRID機能により約10時間のバッテリー駆動で長時間プレイにも耐えられます。

スペック的にはエントリークラスですが、中設定であれば重めの最新ゲームでも快適にプレイできます。

PSO2のベンチマークは最高画質の設定6でも余裕で100fps以上のスコアが出ますし、デスクトップにも劣らないスペックなので、PSO2以外の最新MMORPGも快適にプレイできます。

G-Tune P5の詳細

pso2 推奨スペック /まとめ

PSO2をプレイするのにハイエンドモデルは不要です。

ミドルレンジモデルでも十分快適にプレイする事ができますし、クラウド版であればオンボードでもプレイできます。

しかし、4K画質で設定6でプレイする場合は、やはりそれなりのスペックのPCでプレイしたいところです。

これから新しく推奨PCを購入するのであれば、ミドルレンジの中でもGTX1060、背伸びするならGTX1660Tiクラスのグラボを搭載したPCを購入する事をおすすめします。

関連記事:ゲーミングPC おすすめ /ゲーミングパソコンランキング・人気ゲーム用pc比較【高性能なデスクトップ】