鉄拳7 pc スペック

鉄拳7 pc スペック /鉄拳7とは?

累計で4,400万本の出荷を達成した鉄拳シリーズは、世界で最もプレイされている3D対戦格闘ゲームとして有名です。

その 22 年の歴史の中で初めて PCゲームとしてリングに上がったのが、2017年6月2日に Unreal Engine 4 搭載で発売された『鉄拳7』です。

オンライン対戦はもちろんのこと、アーケードモードや、ストーリーモード、トレジャーバトルなど、オフラインで遊べるシングルプレイも充実しており、フルプライスで購入しても、後悔のない作品となってます。

PC版ならではの魅力①:4K画像で楽しめる!

直感的な操作で個性豊かなキャラクターを操り、ド迫力のバトルを楽しめることが魅力な本作ですが、PC版は、解像度を 4K まで上げて、最高の映像を体験できます。

PC版ならではの魅力②:オンライン対戦がとても快適!

やはり格闘ゲームと言えば、オンライン対戦で全国のライバル達としのぎを削るのが醍醐味。

PS4やXboxOne版では、パッチで対応するまでマッチングが成立しづらいという減少が起きていましたが、STEAM版では、ランクマッチやプレイヤーマッチで変なラグやワープはなく、とても快適にプレイできてます。

更にPC版の場合は、垂直同期をオフにすることで、ティアリングはやや発生するものの、表示遅延を抑えることができる事もあり、PC版が一番快適にプレイできる環境であると言えるでしょう。

鉄拳7 pc スペック /PC版 推奨動作環境・最低スペック表

必須動作環境 推奨動作環境
OS Windows 7/8/10 (64-bit OS 必須)
CPU Intel Core i3-4160 3.6 GHz Intel Core i5-4690 3.5 GHz
メモリ 6GB 8GB
グラフィックカード NVIDIA GeForce GTX 660 2GB
GTX 750Ti 2GB
NVIDIA GeForce GTX 1060
ストレージ 60GB以上
DirectX DirectX 11
ネットワーク ブロードバンドインターネット接続
サウンドカード DirectX compatible soundcard or onboard chipset

上記は公式が出している推奨であり、高画質設定で高いフレームレートを出すということではなく、あくまでこれだけのPCスペックがあれば、最低限PC上で鉄拳7を遊ぶことができるという性能です。

一般的に利用される 1920×1080 や 2560×1440 などの解像度の場合、Bandai Namco は GeForce GTX 1060 を推奨している事が多いのですが、実際に快適に鉄拳7を遊ぶとなれば、もう少し高性能なパーツを組み込んだゲーミングPCが必要です。

快適にプレイできるPCスペック

フルHDのおすすめスペック 4Kのおすすめスペック
OS Windows 7/8/10 (64-bit OS 必須)
CPU Core i5 10400以上、Ryzen 5 3500以上 Core i7 10700以上、Ryzen 7 3700X以上
メモリ 8GB 16GB
グラフィックカード GTX 1660以上 RTX 2080 Ti 、RTX 3080
ストレージ 240GB SSD 500GB SSD
DirectX DirectX 11
ネットワーク ブロードバンドインターネット接続
サウンドカード DirectX compatible soundcard or onboard chipset

グラボ

公式の推奨環境で指定されているのはGTX1060と1世代前のミドルレンジグラボを指定されていますが、GTX1060はメモリが「3GB」と「6GB」のモデルがあります。

価格差で5,000円程度違いますが、人気だったのは「6GB」モデルなので、選ぶ時には注意しましょう。

実は、鉄拳7はフルHD環境の場合、要求水準はそんなに高くなく、基本的にはGTX 1050でも十分です。

グラフィックボード フルHD(最高設定) 4K(最高設定)
GTX 1080 Ti 60 fps 60 fps
GTX 1080 60 fps 60 fps
GTX 1070 60 fps 51 fps
GTX 1060 6GB 60 fps
GTX 1060 3GB 60 fps
GTX 1050 Ti 60 fps
GTX 1050 60 fps

現行モデルの場合、GTX1650か1660以上のグラボを組み込んだPCであれば、60fpsキープで快適にプレイできます。

ただし、4K画質で60fpsをキープするにはGTX 1060が下限となります。

いかに軽いゲームと言えども、4KはフルHDの4倍の解像度を持つだけありますね。

お金に余裕があるならば、RTX2080Tiを組み込むか、今後発売されるRTX3000番台を待っても良いでしょう。

ただし、4Kでは、モニターの応答速度が速いものが少ない(グラボの性能についていけない)ので、格闘ゲーム向きのモニターというものがそもそも少ないです。

特に4Kにこだわりがない人は、フルハイビジョン(1920×1080)のゲーミングモニターで応答速度が早いものを選ぶ方がコスパが良いです。

CPU

CPUは2014年に発売されたi5シリーズが公式では明記されています。

古めのCPUが推奨環境に記載されている事からも、グラボに比べるとCPUパワーはあまり必要としないゲームである事が分かります。

今のパーツ表記に直しますと、CPUについては、intel製であれば、Core i5 10400以上のCPUをAMD製であれば、Ryzen 5 3500以上のCPUを使用したゲーミングPCを選ぶと良いでしょう。

4K画質を狙うならば、intel製であればCore i7 10700以上、AMD製ならば、Ryzen 7 3700X以上を使用したPCをオススメします。

なお、高い性能を持つグラボには高い性能を持つCPUを使わないとボトルネックという現象が起こり、せっかくグラボが描いたCGをCPUが処理できずに無駄にしてしまいます。

ハイエンドモデルのグラボを搭載する際は、CPUの性能もスペックアップ
必要になると覚えておきましょう。

メモリ

メモリについては、公式で推奨されている8GB以上を搭載しておけば問題ありませんが、昨今のゲームは16GB必要なものも増えているので、他のゲームもプレイしたいのであれば16GBを推奨します。

なお、メモリについては一定以上の性能が無いと、ゲームの映像がカクカクになったり、まるで水中にいるかのようなスローモーションになってしまいます。

鉄拳を遊んでいるのに、まるでバーチャファイターの水中ステージで戦っているようになりますので、最低でも8GBは組み込んでおきたいところです。

ストレージ

HDDの容量は60GBが必要と昨今のオンラインゲームと比較してもかなりの容量を必要としています。

最近の3Dオンラインゲームはクライアントの容量が数十GBするのが当たり前という流れになってきているので、容量は出来るだけ余裕を持たせた方がいいです。

また、格闘ゲームはローディングが早いほうがスムーズにゲーム進行ができるので、読み書き速度の高速なNVMe接続のSSDを使用したゲーミングPCがオススメです。

SSDの場合は240GB以上の大容量のモデルを選んでおくとコスパが良いですが、500GBの容量にしておくと、DLCの容量を考慮してもかなり余裕があります。

鉄拳7 pc スペック /グラボなし、低スペックPCで操作できる?

鉄拳7は完全にクラボ機能が無いようなPCでは遊ぶことはできません。

鉄拳7の様な3DCGを使うゲームにグラボは必要不可欠な存在であり、まず起動するかどうかすらも微妙です。

グラボ機能を内蔵するCPU(APU)を使ったPCもありますが、快適かというと、フレームレートはかなり低くなるので、そういったPCで遊ぶのであれば家庭用ゲーム機で良いのではないか?という話になってきます。

最新のRyzen 4000番台APU(グラボ機能を持ったCPUのこと)を搭載するPCだったら快適に遊べる可能性がありますが、これからゲーミングPCを購入するのであれば、CPUとは別にグラボが搭載されているゲーミングPCを購入する事をおすすめします。

実際に低スペックPCで動作検証

検証に使った超低スペックPC
  • OS: Microsoft Windows 7 Home Premium Edition Service Pack 1 (build 7601), 32-bit
  • CPU:Intel Core i3-4160 3.6 GHz
  • グラボ:Intel(R) Graphics Media Accelerator HD
  • メモリー:4GB

実際に、私が所有している内蔵GPUを搭載した超低スペックPCで鉄拳7をプレイできるか試してみたところ、起動すらしませんでした。。

CPUはギリギリで鉄拳7の最低スペックを満たしていたのですが、OS・グラボ・メモリーが足りていないのが致命的だったと思われます。

というか、まず鉄拳7は64ビットOS専用プログラムなので OSが32ビット版だと致命的ですね。

仮にOSを64ビットに合わせたとしても、最低動作環境というのは ソフトを動かすために必要な最低限の性能になりますので、話になりませんでした。

鉄拳7 pc スペック /おすすめゲーミングPC

デスクトップPC

【コスパ重視】フルHDでプレイ

正式名称 G-Tune PM-B
CPU Core i7-9700
グラフィックス GeForce GTX 1660
メモリ 8GB
ストレージ 256GB NVMe SSD /1TB HDD
電源 500W
価格 164,780円(税込)
販売元 G-TUNE

GーTUNEで常に売り上げランキング1位を争う人気を誇るモデル。

カジュアルに軽くゲームを楽しみたいライトゲーマーの構成ですが、高性能なインテルCore i7を採用しており、拡張性とコスパに非常に優れています。

メモリを16GBにアップしておけば、鉄拳7以外のゲームもほとんどのタイトルでフルHD環境で快適にプレイできるのでオススメです。

G-Tune PM-Bの詳細

【画質重視】4Kでプレイ

正式名称 G-Tune EP-Z
CPU Core i7-9700
グラフィックス GeForce RTX 3080
メモリ 32GB
ストレージ 1TB NVMe SSD /2TB HDD
電源 1200W
価格 329,780円(税込)
販売元 G-TUNE

最新グラフィックス GeForce RTX 3080 を搭載したフルタワー型のハイエンドゲーミングPC。

RTX 3080は前世代同クラス製品のGeForce RTX 2080 SUPERよりもパフォーマンスが大幅に向上しており、ほぼ全ての最新ゲームを4Kで快適にプレイする事ができます。

超強力なパフォーマンスを誇る構成で電源容量も大きい為、排熱性が心配になるかもしれませんが、本機には水冷CPUクーラー 240mm長型ラジエーターが搭載されているので、夏場でも安心して廃プレイができます。

G-Tune EP-Zの詳細

ノートPC

正式名称 G-Tune H5
液晶 15.6型 フルHDノングレア (240Hz)
重量 約2.23kg
CPU Core i7-10870G
グラフィックス GeForce RTX 3070
メモリ 16GB DDR4-2400
ストレージ SSD MVNe512GB
価格 219,780円(税込)
販売元 G-TUNE

最高の映像表現を楽しめるRTX 3070+240Hz液晶の組み合わせのハイスペックゲーミングノートです。

残像感の少ない滑らかな映像表現を実現しており、最新第10世代CPU搭載&先進のWi-Fi 6対応です。

特筆すべきは、全キー同時押しに対応するメカニカルキーボードを採用している点で、ノートPCへの搭載が難しかったメカニカルスイッチを 標準的な15.6型の本体サイズで実現しているモデルは他社にはなかなかありません。

93.48Whの大容量バッテリーを内蔵している点も他社の類似モデルよりも優れている点で、 従来製品よりも約79%長い、約10時間の動作が可能になっています。

G-Tune H5の詳細

鉄拳7 pc スペック /まとめ

発売から3年以上経過している格闘ゲームである鉄拳7ですが、その人気は衰えるところを知りません。

PCであれば、高速なローディングと超高画質&高フレームレートで、より快適に遊ぶことができます。

アーケードスティックと高い応答速度を持つゲーミングモニターを購入すると、PS4やゲームセンターでプレイするよりもはるかに快適に遊ぶことができます。

しかし、ゲーミングモニターへ高いフレームレートで映像を映し出すのも高性能なゲーミングPCがあってこそです。

フルHD環境下でプレイするのであれば、割とリーズナブルな価格でゲーミングPCが手に入りますが、4Kだと一気にハードルが上がります。

お財布と相談しながら、できるだけ高い性能をもつゲーミングPCを購入して下さい。

関連記事:ゲーミングPC おすすめ /ゲーミングパソコンランキング・人気ゲーム用pc比較【高性能なデスクトップ】