wot グラボ

wot グラボ /World of Tanksの推奨スペック

必要環境

OS Windows 7/8/10
CPU 2.2Ghz supporting SSE2
メモリ 2GB以上
グラフィックボード NVIDIA GeForce 8600以上
ストレージ 36GB

推奨環境

OS Windows 7/8/10 64bit
CPU Core i5以上
メモリ 4GB以上
グラフィックボード NVIDIA GeForce GTX660以上
ストレージ 36GB

発売当初の推奨スペックはかなり高めで、特にCPUとグラフィックボードがミドルスペック以上を要求されました。

ウルトラ設定推奨スペック

OS Windows 7/8/10 64bit
CPU Core i5-7400以上
メモリ 8GB以上
グラフィックボード NVIDIA GeForce GTX 1050 Ti
ストレージ 55GB

ウルトラ設定で遊びたい場合は、グラフィックボードにGeForce GTX 1050Ti (4GB) 以上が指定され、メモリは8GB以上が指定されています。

ストレージの容量も増えているのは、World of TanksではゲームクライアントをSD版・HD版選択する事ができるのですが、HD版にするとその分データをダウンロードしないといけないからです。

検証推奨スペック

OS Windows 10
CPU Core i5-9400、Ryzen 5 3600以上
メモリ 8GB以上
グラフィックボード GeForce GTX 1650以上
ストレージ 50GB

発売当初のWoTは要求スペックの高いゲームでしたが、2021年現在では要求スペックは比較的軽いゲームに分類されます。

現行モデルの最低クラスで十分余裕を持てるため、スペックはあまり気にしなくてもよいゲームと言えるでしょう。

とは言っても、格安モデルだと厳しいので、現行のエントリークラス、前世代でもGeForce GTX1060以上のグラフィックボードを選ぶようにしましょう。

グラボ

  • グラボ:GeForce GTX 1650以上

WoTは画質設定によって重さが劇的に変わります。

低画質ならローエンドのゲーミングPCで大丈夫ですが、実は最高画質にするとミドルレンジのPCでも60fpsを維持するのが困難です。

特にVer.1.4でCPUに分散して負担をかける仕様になり、GPUの負荷率も上昇しており、ウルトラ画質設定で高リフレッシュレートでプレイする場合は上記CPUを搭載したうえでかつ高性能なGPUが必要となります。

最高設定で高リフレッシュレート安定を求めるとGTX 1660 SUPERやRTX 3060のようなエントリークラス上位からミドルレンジのグラフィックボードも視野に入っています。

ただ、画質を上げても見た目がそこまで変わらないゲームでもあり、ビデオメモリ(VRAM)は2GBでも十分にプレイできますので、1650の4GBもあれば余裕です。

標準画質か高画質で妥協して、Geforce GTX1650(妥協してGTX1050Ti)かRadeon RX590(妥協してRX570)あたりにしておくのがコスパ上は合理的でしょう。

なお、WoT用のグラボは、RadeonよりGeForceがやや有利です。

WoTで採用されている物理エンジンは「PhysX」というもので、NVIDIA GeForceに最適化されています。

中古のグラボを搭載するのであれば、GeForce GTX960、GTX1060、GTX1070、GTX1080あたりが候補に上がります。

60fps出したほうが勝率が上がるので、標準画質ならGTX960、高画質以上ならGTX1060がおすすめです。

CPU

  • CPU:Core i5-9400、Ryzen 5 3600以上

結論から言うと、WoTで高いFPSを出すにはCPUパワーは非常に重要な要素です。

元々、WoTは1コアを主な計算に使用し、1コアをGPU連携に使用、他のコアには雑多なタスクしか使用されず、4コアでも8コアでも大した優位性はありませんので、1コアあたりの動作周波数の高さがものをいう仕様になっていました。

しかし、1.4のアップデートにてマルチスレッドに対応し、多コア多スレッド環境下ではよりCPU全体に処理が分散されるようになりました。

つまり、IntelのTurboBoostまたはAMDのXFRなど、放熱(現在のCPU温度)や消費電力などに余裕があれば残りのコアのクロックを上げる機能が働く形式のCPUが有利です。

こういった仕様を考慮すると、現在のWoTに最適でコスパが良いCPUはRyzen 5 3600、次点はCore i5 9400になります。

動作クロックとマルチスレッド的に言えば、Core i9 9900Kやi7-10700の方が遥かに上(8コア16スレッド TB最大5.0Ghz)ですが、価格が異様に高い(7万円)上に発熱も多いため、きっちりと冷却できる環境下でなければおススメできません。

最近ではAMD Ryzenシリーズの台頭により一気にマルチスレッド化が進んだため、6コア以上のCPUが安価に手に入るようになっていますので、特にWoTではCPUでRyzenを選ぶのは十分選択肢に上がってきます。

メモリ

  • メモリ:8GB以上

メモリ消費は軽めであり、重要性はそこまで高くないです。

今後のアップデートでいきなり16GBになることもないと思われるので、8GBを最大に見ておけば大丈夫です。

ストレージ

  • HDD空き容量:50GB

SSDに保存する場合はOS込みで240GB以上搭載のゲーミングPCを選びましょう。

最大と最低の中間から考えると、140GB前後の空き容量があればOSとWorld of Tanksを保存できます。

wot グラボ /ベンチマーク

使用したゲーミングPCのスペックはCore i7-8700K、メモリ16GBに、グラフィックボードがRTX2060、RTX2070、RTX2080、RTX2080Tiをそれぞれ試しました。

グラフィック品質は最高画質の「ウルトラ」、解像度は1904×1121です。その他の細かい設定は変更しませんでした。

グラボ別ベンチマーク

グラボ 平均fps
RTX 2080 Ti 270 fps
RTX 2080 225 fps
RTX 2070 188 fps
RTX 2060 163 fps

WoTは、以前は64fpsくらいまでしか出ないようにfps上限が設定されていたのですが、現在では高いフレームレートを出せるようになっています。

WoTは動きがそれほど速いゲームではないですから、基本的に60fpsキープできれば十分、144fps出したかったとしてもRTX2060クラスでも実現できます。

解像度FHD (1920×1080)で最小60fps以上であればGTX 1060 3GB 、解像度WQHD (2560×1440)であれば、GTX 1060 6GBで最小61fps以上となります。

4K解像度ではGTX 1080 Tiで最小61fps以上になりますが、設定を「high」まで落とせば GTX 1060 6GB でも4K解像度で最小48fps以上でますので、画質にどこまで拘るかで決めましょう。(以下、4K動画を参照)

なお、WoTだけを考えて、もっと安いグラボで済ませたい場合であれば、平均60fps以上で最小50fpsあるGTX 1050 Ti でも最高画質で遊べる範囲です。

また、ノートはCPU性能が低い傾向にあるため、GTX 1060 6GB搭載でもデスクトップのGTX 1060 3GB程度のfps値になることがありますので、WoT ノートPCのおすすめはGTX 1060 6GB以上です。

wot グラボ /グラボなし

World of Tanksは、グラボの無いゲーミングPCでも操作は可能ですが、グラボの有り無しで軽自動車とレーシングマシンくらい違います。

  • グラボ無し→低画質専
  • グラボ有り→高画質可

例えば、グラボなしでIntel内臓グラフィックであるHD4600だと最低設定でも、FPS20程度しか出ないので、なんとかプレイできるレベルです。

最近のGPU内臓のCPUはもう少し性能が上なので、Ryzenシリーズの4000番台のものであれば、もう少し余裕を見てプレイできますが、実力的にはGTX1050程度の実力程度なので、それであればローエンドのグラボを個別に外付けで搭載した方がいいでしょう。

6,000円~10,000円程度のローエンドグラボ(GTX1050、GT 730、R7 240等)を積むだけでも、最低設定から描写距離やテクスチャ等を少し上げたカスタム設定でFPS60出して安定して快適にプレイできるようになります。

さらにもう少しお金を出して、中古品で15,000円程度のGTX 1650、GTX 750Tiまで手を伸ばすと、高設定と最高設定の間くらいでFPS60安定します。

また、タブレットにキーボードを足してPCと呼ばせているようなPCでは遊ぶことはできません。

タブレットPCの場合、メインストレージがeMMCという取り外しのきかないSSDが取り付けられていてストレージ容量も64GBしかなく、OSを起動させるのがやっとという状況になってしまいます。

このように、PCゲームでしっかりと遊ぶ場合は、エントリーモデルの安いものでいいので、グラボを搭載したゲーミングPCで遊ぶことをオススメします。

wot グラボ /World of Tanks向け推奨ゲーミングPC

デスクトップ

正式名称 G-GEAR GA5A-D210/T
CPU AMD Ryzen 5 3500
GPU GeForce GTX 1650
メモリ 16GB DDR4-3200
ストレージ 500GB SSD (M.2規格 / NVMe接続)
価格 111,800円(税込)
販売元 TSUKUMO(ツクモ)

基本構成はGeForce RTX 3060を搭載したミドルレンジのモデルですが、GTX 1650にスペックダウンしてエントリークラスとして購入できるモデル。

特筆すべきは、CPUをRyzenにする事で破格の値段の安さを実現している点です。

GTX 1650が軒並み値上がりしている中で、本機は値上がり前の価格である10万円前後から購入できます。

他社の知名度が高いエントリーモデルが軒並み売り切れの中で、本機は良い意味で売れ残っていた「掘り出し物」と言えるでしょう。

とはいっても、在庫はかなり少なくなってきていますので、売り切れ間近です。

なお、基本構成のGeForce RTX 3060のモデルも、ミドルレンジクラスのスペックでありながら14万円台から購入可能となっており、こちらも他社よりもはるかに安いです。

お財布に余裕がある人は基本構成で購入した方が、幅広いゲームを余裕を持ってプレイできるのでおすすめです。

G-GEAR GA5A-D210/Tの詳細

ノートPC

正式名称 G-Tune P5-H
液晶 15.6型 フルHDノングレア (LEDバックライト)
重量 約2.09kg
CPU Core i7-10750H
グラフィックス GeForce GTX 1650 Ti
メモリ 32GB
ストレージ SSD MVNe512GB / HDD 1TB
価格 153,780円(税込)
販売元 G-TUNE

G-tuneのゲーミングノートで売れ筋No1常連のP5シリーズの上位モデルで、コスパに非常に優れています。

持ち運びプレイを前提に作られているため、本体が非常に軽く、バッテリー駆動時間も約10.5時間と非常に長いです。

スペック的にはエントリークラスの立ち位置ですが、GTX1650の上位互換のグラボを積んでいるので、重めの最新ゲームでも、ほとんどのタイトルで中設定で快適にプレイできます。

G-Tune P5-Hの詳細

関連記事:ゲーミングPC おすすめ /ゲーミングパソコンランキング・人気ゲーム用pc比較【高性能なデスクトップ】