黒い砂漠 スペック

黒い砂漠 スペック /黒い砂漠とは?

黒い砂漠はアクションRPG「C9」を手掛けたスタッフが独立・結成した、Pearl Abyssが放つ大作MMORPGです。

アクション要素の高いノンターゲティングバトルが目玉ですが、オープンワールドということもあり、PvPや攻城戦から生産や貿易まで詰め込まれた、非常に自由度が高いのも特徴です。

超美麗なグラフィックスが評価されていますが、MMORPGの中でもハイエンドなスペックが必要なタイトルでもあります。

また、黒い砂漠は2015年のリリースから2020年まで、3回の大型アップデートによって、推奨スペックが上下してきたという経緯があります。

①2017年12月のクライアントサイズの軽量化により必要スペックが緩和

まず、2017年12月に軽量化が行われて、クライアントファイルサイズが半分になりました。

これは人気のワールドボスの「ベル」に、人が集まりすぎて落ちるという問題に対処すべく行われた最適化と言われています。

このアップデートにより、画質が下がる代わりに、VRAM使用量が下がり、ゲームの動作がかなり軽くなり、フルHDならGTX1060程度のグラボでも十分動くようになりました。

②2018年のリマスター&ウルトラモード画質追加により必要スペックが向上!

2018年に、YEBIS3という「画面の後処理(ポストエフェクト)」の技術を投入した「リマスターモード」「ウルトラモード」が実装された事により、黒い砂漠の画質は劇的に向上しました。

リマスターとウルトラではリアルな光源や水の反射、鎧のきらめき等が超リアルに再現されるようになりました。

2018年以降に黒い砂漠のプレイヤーが公開しているスクリーンショットや動画配信は、このリマスターモード以上が適用されているものが多いです。

③2019年から2020年までのアップデートで更に重いゲームに!

黒い砂漠は2019年から2020年にかけての伝承関係のアップデートにより、エフェクトが更に派手に豪華になりましたが、比例して超重いゲームになりました。

2018年のリマスターアップデートの時よりもfpsは確実にダウンしているので、可能な限りハイスペックのゲーミングPCでプレイされる事をおすすめします。

黒い砂漠 スペック /必要・推奨環境

必須動作環境 推奨動作環境
OS Windows7以上
CPU Intel Core i3 Intel Core i5以上
メモリ 4GB RAM 6GB RAM
グラフィックカード GTS 250 / GeForce 9800 GTX
Radeon HD 3870 X2
Radeon HD4850/HD5750以上
GTX 650 / GTX 550Ti
Radeon HD 7770、6770
ストレージ ダウンロード時に約17GB
インストール後に約18GB(合計約35GB)

サービスが開始された2015年当時の推奨スペックはかなり緩かったのですが、度重なるアップデートにより、公式スペックとしてはかなりハードな敷居のスペックになっています。

CPUにはCore i7級を必要とし、メモリは16 GB、グラフィックボードはGTX 960相当は、MMORPGの公式スペックとしてはかなり厳しめの水準です。

また、公式発表の動作環境はHIGH環境スペックであり、30fpsという低いフレームレートを指標にしているので、快適にプレイするとなると更に上のスペックの推奨PCが必要です。

リマスター・ウルトラモード動作環境(公式)

リマスター動作環境 ウルトラモード動作環境
OS 32bit または 64bitのWindows10
CPU Intel Core i7-8700 Intel Core i7-8700K
メモリ 16GB RAM 32GB RAM
グラフィックカード GeForce GTX 1070 8GB GeForce GTX 1080 Ti 11GB
ストレージ 27GB以上

リマスターやウルトラでプレイするとなると、更にハイスペックな環境が必要ですが、こちらも公式のスペックは30fpsという低いフレームレートを指標にしている為、快適にプレイする為にはもう少し上のスペックを目指したいところです。

黒い砂漠 スペック /おすすめのスペック

推奨スペック(LOW) 推奨スペック(MIDDLE) 推奨スペック(HIGH)
OS 32bit または 64bitのWindows10
CPU Intel Core i5 Intel Core i7-8700K
メモリ 8GB RAM 16GB RAM 32GB RAM
グラフィックカード NVIDIA GTX 970
AMD RX 480
GeForce GTX1070 8GB GeForce GTX1080ti 11GB
ストレージ 27GB以上

黒い砂漠を思う存分楽しむ為には、やはりリマスターの美しい画像で快適にプレイ出来るスペックのマシンが必要です。

上記のスペックのPCであれば、フルHDのリマスターモードで60fpsで快適にプレイすることができます。

CPU:最低i5-8400/i9-9900KF以上

i7-8400、i5-9400F以上の構成であれば問題無いですが、予算に余裕があればi7-7700、i7-8700以上あると安心です。

特に人数が多く負荷が高い時はCPUのシングルスレッド能力が重要で、出来ることならi7-9700Kやi9-9900K、i9-9900KFを搭載しておきたいところです。

CPU別のフレームレート

最強のグラボRTX2080Tiを使用して、実際にリマスターのCPU別のフレームレートを計測してみました。

CPU フレームレート
Core i9 9900K 141.5
Core i7 9700K 143.7
Core i5 9400F 130.2
Core i3 8100 113.4
Pentium G5400 85.4

実際に計測してみると、同じRTX2080Tiを使用してもフレームレートに最大40%も差が出ている事が分かります。

コア数が多くクロック周波数が高いCPUほど、フレームレートを出しやすい稽古うが強く、ハイパースレッディングに対応していない方が、フレームレートが伸びやすい事が分かります。

よって、コスパ重視なら「Core i5 9400F」、フレームレートをできるだけ無駄にしないなら「Core i7 9700K」がベストなCPUであると言えるでしょう。

メモリ:16GB以上

中設定でも16GB、ゲーム動画配信をするのであれば32GB搭載しておく事をおすすめします。

リマスター・ウルトラのメモリ使用量

黒い砂漠をプレイ中のメモリ使用量をグラボごとに計測してみました。

グラフィックボード リマスター(メモリ使用量) ウルトラモード(メモリ使用量)
RTX 2080 Ti 11GB 7.12 7.31
RTX 2070 8GB 7.11 7.35
RTX 2060 6GB 6.76 6.37
GTX 1050 Ti 4GB 7.54 9.16
GTX 1050 2GB 9.33

リマスターの場合、VRAMがかなり少ないGTX 1050では9GBも消費していますが、VRAMに余裕があるグラボだと、7GB前後のメモリ使用量で済みました。

8GBだと不足してしまうほどカツカツに消費するので、快適には程遠くなるという結果になりました。

よって、黒い砂漠を安定動作させるなら、最低でもメモリ容量は16GB必要な事が分かります。

グラボ:GTX970/GTX1080Ti以上

低画質ではGTX970、高画質でGTX1080Ti以上のグラボであれば快適に遊べます。

中画質に最適のGeForce GTX1070の後継モデルはRTX2070 SUPERなので、コスパも重視したい方にはRTX2070 SUPERを搭載したものを選びましょう。

フルHDのリマスターはGTX 1070 8GBで60fps出ますが、GTX1070の上の1070 Ti搭載モデルでは、リマスターモードで100fps程度出るので更に余裕があります。

RTXシリーズになって70番台は飛躍的にパワーアップしましたので、2070 SUPERならリマスターでも間違いなく快適に遊べます。

フルHDのウルトラモードでもGTX1080Ti搭載機でプレイすると、よほど混んでいる狩場以外は平均60fps程度になります。

GTX1080Tiの後継はRTX2080Tiなので超快適にプレイしたい方はRTX2080Ti搭載機がおすすめです。

フルHD(1920×1080)のfps値

グラフィックボード リマスター(fps値) ウルトラモード(fps値)
RTX 2080 Ti x2 134.1 101.0
RTX 2080 Ti 141.5 76.4
RTX 2080 117.7 59.9
RTX 2070 109.5 47.2
RTX 2060 93.4 35.6
GTX 1080 Ti 100.6 46.9
GTX 1070 Ti 91.7 31.3
GTX 1060 6GB 60.0 19.5
GTX 1050 Ti 33.9
GTX 1050 28.9
RX 580 8GB 50.1 17.6
RX 5700 4GB 43.1 16.7

*CPU:Core i9 9900K、メモリ:16GB、ストレージ:SSDのPCで計測

フルHDでも、リマスターだと最新のAAAタイトル並に超重たいです。

平均60 fpsを出すには、最低でも「GTX 1060 6GB」が必要ですが、ゲーミングモニターを使うなら、平均109.5 fpsを出せた「RTX 2070」が必須である事が分かります。

「ウルトラ品質」は更に重たく、超重たいゲームとして有名なARKの上を行きます。

「RTX 2080」を使ってようやくギリギリ60 fpsに届きそうな動作なので、ウルトラ品質を常用プレイに使うのは現実的ではない事が分かります。

WQHD(2560×1440)のfps値

グラフィックボード リマスター(fps値) ウルトラモード(fps値)
RTX 2080 Ti 113.8 56.4
RTX 2080 82.4 41.0
RTX 2070 81.8 31.5
RTX 2060 67.9 23.4
GTX 1080 Ti 97.6 30.8
GTX 1070 Ti 65.4 20.6
GTX 1060 6GB 40.4 12.2
GTX 1050 Ti 22.5
GTX 1050
RX 580 8GB 34.6 12.0
RX 5700 4GB 29.2

*CPU:Core i9 9900K、メモリ:16GB、ストレージ:SSDのPCで計測

フルHDより約1.8倍大きい「WQHD」は、リマスターなら「RTX 2060」「GTX 1070 Ti」であれば平均60 fps以上が可能ですが、ゲーミングモニターで使うには「RTX 2080 Ti」が必要である事が分かります。

なお、超重たいウルトラ品質にすると、平均60 fpsを出せるグラフィックボードは1つもありませんでした・・・。

4K(3840×2160)のfps値

グラフィックボード リマスター(fps値) ウルトラモード(fps値)
RTX 2080 Ti x2 99.4 32.3
RTX 2080 Ti 76.3 17.2
RTX 2080 39.8 17.1
RTX 2070 43.8 10.1
RTX 2060 34.4
GTX 1080 Ti 53.7 9.3
GTX 1070 Ti 32.9
GTX 1060 6GB 20.3
GTX 1050 Ti
GTX 1050
RX 580 8GB 19.1
RX 5700 4GB

*CPU:Core i9 9900K、メモリ:16GB、ストレージ:SSDのPCで計測

4K解像度はフルHDより4倍も大きいため、動作させられるグラボがかなり限られてきます。

リマスターで平均60 fpsを超えるには最低でも「RTX 2080 Ti」が必須で、3桁のfpsを狙うなら「2枚挿し」のSLIが必要です。

RTX 2080 TiのSLIは、フルHDやWQHDだと効果が非常に薄いですが4K解像度になってくると効果が高いので、4Kゲーミングモニターを考えているなら、SLIを検討しましょう。

ウルトラ品質での4Kは、どう頑張っても60fps出すのは不可能です。

RTX 2080 Tiを2枚使ってギリギリ平均30fpsでる感じでした・・・。

4Kのウルトラモードはスクリーンショット撮影専用のモードと割り切るのが現実的でしょう。

HDD空き容量:40GB

アップデートでクライアントデータはどんどん増えていくので、ストレージの容量は余裕があった方がいいです。

SSD搭載機にしておけば、ロード時間も早くなるのでおすすめです。

黒い砂漠 スペック /おすすめの推奨ゲーミングPC

フルHD推奨PC|FRGK-B460(FRONTIER)

正式名称 FRGK-B460
CPU Core i5-10400
グラフィック GeForce GTX 1660 SUPER
メモリ 8GB
ストレージ 500GB M.2 NVMe
価格 92,800 円(+税)
販売元 FRONTIERゲーマーズ

おすすめ度:★★★★★

コンパクトでありながら高い拡張性の兼ね備えたFRONTIERの最新モデルで、ミドルレンジの中ではとにかく価格が安いです。

搭載されているグラボのGTX1660SUPERは、GTX1070と同等の性能を持っていながら、GTX1060 6GBとの価格差があまりなく、フルHDプレイの黒い砂漠と相性がいいですが、物足りなくなった時に後から交換しやすいのは大きなメリットです。

マザーボードにコスパに優れた実績のあるECS製『B460H6-M22』を採用しており、メモリは最大64GB(32GB x2)まで搭載可能、PCケースもサイドパネルに強化ガラスを採用しており、最小構成で購入して、後からパーツを載せ替えやすい点は他社よりも圧倒的に優れています。

FRGK-B460の詳細

リマスター推奨PC|G-Tune HL-B(マウスコンピューター)

正式名称 G-Tune HL-B
CPU Core i7-9700
グラフィックス GeForce RTX 2070 SUPER
メモリ 16GB
ストレージ 256GB NVMe SSD /2TB HDD
電源 700W
価格 189,800円(+税)
販売元 G-Tune

おすすめ度:★★★★★

ゲームを最高の環境で楽しみたいヘビーゲーマーの為のモデル。

PC構成としては「ミドルハイ」グレードに相当するマシンで、黒い砂漠だけでなく2020年現在のあらゆるゲームがしっかり動作するスペックなので、ゲーミングモニターでも快適にプレイする事ができます。

コスパも良く、このスペックで20万以下で買えるゲーミングPCは、他社ではほとんど取り扱いがありません。

リマスター向けモデルですがウルトラモードが動作しないわけではなく、スクリーンショットを撮影する用途などには十分応えてくれます。

メモリは16GBでも動作しますが、ブラウザで攻略サイトなどを見ながら遊ぶことなども考えると32GBへの増設はおすすめです。

G-Tune HL-Bの詳細icon

ウルトラ推奨PC|G-Tune EP-Z(マウスコンピューター)

正式名称 G-Tune EP-Z
CPU Core i7-9700
グラフィックス GeForce RTX 3080
メモリ 32GB
ストレージ 1TB NVMe SSD /2TB HDD
電源 1200W
価格 299,800円(+税)
販売元 G-Tune

おすすめ度:★★★★★

最新&最強のグラフィックス、GeForce RTX 3080を搭載したフルタワー型のハイエンドゲーミングPC。

RTX 3080は前世代同クラス製品のGeForce RTX 2080 SUPERよりもパフォーマンスが大幅に向上しており、ほぼ全ての最新ゲームを4Kで快適にプレイする事ができるので、「4Kモニターで黒い砂漠のオープンワールドを堪能したい」という人には最適の1台です。

超強力なパフォーマンスを誇る構成で電源容量も大きい為、排熱性が心配になるかもしれませんが、本機には水冷CPUクーラー 240mm長型ラジエーターが搭載されているので、夏場でも安心して廃プレイができます。

黒い砂漠のウルトラは、「スクリーンショット用のモード」という注意書きがありますが、本機であればウルトラの画質のままゲームがプレイできてしまいます。

ゲームプレイだけでなく、エイティブな作業も圧倒的なスピードで処理できるので、ウルトラのスクリーンショット撮影や動画配信にも大活躍してくれます。

G-Tune EP-Zの詳細icon

黒い砂漠におすすめのゲーミングノート|G-Tune H5(マウスコンピューター)

正式名称 G-Tune H5
液晶 15.6型 フルHDノングレア (240Hz)
重量 約2.21kg
CPU Core i7-10875G
グラフィックス GeForce RTX 2070 SUPER
メモリ 16GB DDR4-2400
ストレージ SSD MVNe512GB
価格 229,800 円(+税)
販売元 G-Tune

おすすめ度:★★★★★

最高の映像表現を楽しめるRTX 2070 SUPER+240Hz液晶の組み合わせのハイスペックゲーミングノートです。

残像感の少ない滑らかな映像表現を実現しており、最新第10世代CPU搭載&先進のWi-Fi 6対応です。

特筆すべきは、全キー同時押しに対応するメカニカルキーボードを採用している点で、ノートPCへの搭載が難しかったメカニカルスイッチを 標準的な15.6型の本体サイズで実現しているモデルは他社にはなかなかありません。

93.48Whの大容量バッテリーを内蔵している点も他社の類似モデルよりも優れている点で、従来製品よりも約79%長い、約10時間の動作が可能になっています。

G-Tune H5の詳細icon

黒い砂漠 スペック /まとめ

黒い砂漠はCPUがかなり重要なMMORPGとなっており、ハイエンドのCPUでも、人数の多い攻城戦ではある程度fpsが落ちる事は避けられません。

リマスターの動作や他の新作ゲームもプレイすることを考えるとRTX 2060 SUPER以上のグラボ推奨ですが、ウルトラ画質でプレイしたい人や、ゲーム配信したいという人はRTX 2080 Tiをおすすめします。

メモリは8GBでは足りないことが多々あるので、最低でも16GB、余裕を持って32GB搭載しておきたいところです。

関連記事:ゲーミングPC おすすめ /ゲーミングパソコンランキング・人気ゲーム用pc比較【高性能なデスクトップ】