Valheim マルチプレイ /やり方【バルヘイム】

Valheim マルチプレイ /方法

Valheimをオンラインで遊ぶやり方としては、3通りの方法があります。

  • やり方①:レンタルサーバーを利用する
  • やり方②:Steam機能を利用する
  • やり方③:自宅に専用サーバーを立てる

それぞれのメリットとデメリットについて説明していきます。

①レンタルサーバーを利用する

メリット デメリット
・MOD入れ放題
・常時オンラインなので、友達はいつでも遊ぶことができる
・動作も安定。(遅延が気になるレースゲームでは超重要!)
・大人数でもマルチプレイできる
・電気代やサーバーの消耗の心配がない
・クーポン利用で無料で試せる
・サーバーが超簡単に立てられる
・自分でサーバーを立てる必要がある。(ただし、ConoHa VPSではAssetto Corsa用のテンプレートでパソコンに不慣れな方でも簡単に構築可能)
・利用料金がかかる(1.7円/時(968円/月)~、但しレンタルサーバーを契約者したAさんのみです)

ホスト(Aさん)が契約したレンタルサーバーにゲスト(BさんやCさん)を招待してマルチプレイするやり方になります。

最大のメリットは、MOD入れ放題で常時オンラインという点です。

多少の月額はかかりますが、その分動作も非常に安定しています。

②Steam機能を利用する

メリット デメリット
・利用料金がかからない
・サーバーを建てる必要がない(サーバーの保守も不要)
・ホストPCを起動していない時は友達は遊べない
・大人数でマルチプレイするためにはスペックの高いパソコンが必要

プレイヤーホストで始める方法は、自分もしくは友達がホストとしてゲームを始め、そのホストが起動している間だけ入れる部屋になります。

なので、手軽にマルチプレイを始められる反面、ホストがゲームをやっていないと入れないというデメリットが生じます。

③自宅サーバーでマルチプレイ

メリット デメリット
・利用料金がかからない(ただし、専用サーバーにするパソコンを持っていない場合はその購入費用や、サーバーの電気代などがかかります。)
・常時オンラインなので、(自分がいなくても)友達はいつでも遊ぶことができる
・自分でサーバーを立てる必要がある。(パソコンに自信のある方むけ。サーバーを構築したり、専用サーバーに友達からアクセスしてもらうためのネットワーク設定(ポート開放、ポートフォワーディング等)には高度なスキルが必要)
・大人数でマルチプレイするためにはスペックの高いパソコンが必要
・電気代がかかる
・マシンの消耗が激しい

ホスト(Aさん)が自宅に建てた自前サーバーにゲスト(BさんやCさん)を招待してマルチプレイするやり方になります。

メリットはレンタルサーバー代がかからない事ですが、その分ハイスペックなサーバーの構築費用は高額になりがちで、おまけに常設すると電気代がとんでもない事になります。

そして、サーバーの構築に専門知識も必要なので、あまりおすすめの方法ではありません。

3つのやり方の比較

①レンタルサーバー(ConoHa VPS) ②Steam機能を利用 ③自宅に専用サーバー
利用料金
¥968円/月(クーポンを利用すれば1GBプランで17日間強、無料で利用できる)

無料

無料
サーバー構築の難易度
テンプレートがあり簡単に構築可能

サーバー構築不要
×
高度な専門知識が必要
プレイできる時間
いつでも可能(常時オンライン)
×~△
ホストゲームを終了すると他のプレイヤーは切断される
△~〇
サーバーを起動していない時は友達は遊べない
プレイできる人数
大人数でのプレイが可能

大人数でプレイするためには、スペックの高いパソコンやネットワーク環境が必要

大人数でプレイするためには、スペックの高いパソコンやネットワーク環境が必要
プレイの快適さ
安定動作

安定動作のためには、スペックの高いパソコンや高速なネットワーク環境が必要

安定動作のためには、スペックの高いパソコンや高速なネットワーク環境が必要
向いている人 利用料金が多少かかってもいい人
いつでもプレイできるようにしたい人
大人数で安定したプレイ環境で快適に遊びたい人
サーバー構築をしたくない人
自分がいるときにプレイできればいい人
とにかく無料で遊びたい人
パソコンに自信がありサーバー構築・管理は苦にならない人
いつでもプレイできるようにしたい人
とにかく無料で遊びたい人 

実は、Valheimは「キャラクターデータ」と「ワールドデータ」が分離しているので、他のゲームに比べると、ホストPCでのプレイのデメリットは少ないです。

「友達がホストの部屋が落ちちゃったから、1から別部屋でやるのもなー」といった時も、強くてニューゲームといったようなプレイが出来ますので、一からサーバを立てる必要がないからです。

実際のところ、valheimの資源は限られている物が多いので、別部屋に移動しながら資源を集めて、友達と常設して遊んでるサーバーに持ってくるということも日常茶飯事です。

プレイヤーホストでもサーバー起動でも、この独特なセーブ方法のおかげで気軽に楽しめるのがvalheimの良いところかもしれません。

とは言っても、MODを入れまくりたいのであれば、やはりレンタルサーバーを利用した方がメリットが大きいのも事実なので、プレイスタイルによってマルチプレイの方法は選ぶようにしてください。

Valheim マルチプレイ /Steam機能でマルチプレイするやり方

1番簡単でオーソドックスなSteam版のマルチプレイのやり方について解説します。

ホスト側でマルチプレイをやる場合

ホスト側PC上のValheimアプリを起動し、トップ画面にてゲームスタートというタブを開き「新」というボタンを押します。

新しいワールドというウインドが開くので「名前を5文字以上」「シード値はそのまま」で完了を押します。

ワールド選択画面で先ほど作成した部屋が出てくるので、「サーバー起動」にチェックを入れた後、「サーバーパスワード」を入力しスタートを押します。

「サーバー起動」は、Steamフレンド経由か「IP参加」でしか参加することができない状態で自分のワールドをサーバーとして起動することができます。

「コミュニティサーバー」を選択してもマルチプレイはできるのですが、全世界の不特定多数に向けて自分のワールドが公開されるため、推測されやすいパスワードを指定した場合は荒らされてしまうリスクが非常に高いので注意してください。

「サーバーパスワード」は入力しなくても進められてしまうのですが、知らない他人が入ってこないように推測されづらく長めのパスワードを念のため入力しておくことをおすすめします。

無事サーバーが起動できればワールドにログインできますので、友達にサーバーパスワードを伝えて友達が入ってくるのを待ちましょう。

なお、自分のSteamの状態が「居留守(隠れ身の術)」や「オフライン」になっているとうまく動作しないかもしれないので、原則「オンライン」に変更しておいてください。

プレイヤーホストで立ち上げると、作成したホストがログインしていないと友達全員がその部屋でマルチプレイできないので、基本的に長い時間ログインできる人がホストをやるようにしましょう。

ゲスト側でマルチプレイをやる場合

ゲスト側は単純にホストが作ったサーバーに入ればマルチプレイできるので簡単です。

まず、ゲーム参加というタブを開き、サーバー選択画面の下にある「フレンド」にチェックを入れます。

ホスト側で用意したフレンドのサーバーが表示されるので、ホストが指定したパスワードを入力すれば参加できます。

注意点としては、フレンドにチェックボックスを入れても部屋が表示されないという時です。

ホストがゲーム作成してログイン出来ている時は、スチームのフレンドリストがオンラインになっていない場合が多いです。

その場合は、ホストとゲスト側両方のスチームのフレンドを立ち上げ、ログインされてるか確認してみましょう。

もう一つの方法としては、スチームのフレンド欄からホストになっている友達を右クリックして、ゲーム参加というボタンを押す方法もあります。

ゲーム内からログインできない場合はこの方法を試してみてください。

Valheim マルチプレイ /マルチプレイ時の設定

Valheimをマルチプレイで遊ぶ際には、ゲーム内設定で2つ注意したい事があります。

PVP設定をオフに

PVP推奨鯖以外は、設定をオフにしておかないとトラブルに発展する可能性があります。

デフォルト[Tab]キーを押すと、インベントリ画面を開きます。

その画面右上の「剣のマーク」からPvPの切り替えが行えます。

剣がクロスしているとPVPがON、剣が2本縦に並ぶとPVPがオフになります。

この設定は、プレイヤー各々で設定する必要があるので、マルチプレイをする場合には「PvPダメージ無効」状態にしておくと良いでしょう。

他のクラフトゲームと違って各々で設定する必要があるので、こういったゲームに慣れている人は逆に注意しましょう。

他プレイヤーに表示ONにしておく

マップ画面の右下にある「他プレイヤーに表示」をONにしておくと他のプレイヤーのマップに自分の位置が表示されるようになります。

これをONにしておくと、フレンドが今どの位置にいるかわかりやすいですね。

設定の仕方は、まずデフォルト[M]キーでMAPを開いて、右下の「他プレイヤーに表示」にチェックを入れておくことで、自分の位置を他のプレイヤーのMAPに表示させることができます。

この設定も、プレイヤー各々で設定する必要があるので、マルチプレイをする場合には「他プレイヤーに表示」にチェックを入れておくと良いでしょう。

Valheim マルチプレイ /常設サーバーでプレイする方法

>

Valheimは有志が作成した常設サーバーがいくつかあります。

既存の常設サーバーにアクセスするには、以下の情報を掲示板等で事前に入手してゲーム起動時に入力するだけです。

常設サーバーでプレイするのに必要な情報
  • ①サーバのIP (サーバー名が分かっていれば、ゲームの検索窓から名称で検索してもOK)
  • ②サーバ名
  • ③パスワード

KENCHIKU by arutora.com等の常設サーバーは有名どころですが、サーバーによって他プレイヤーの拠点破壊やそれを目的としたモンスター誘導の禁止等の荒らし対策のルールが設定されている事がほとんどです。

禁止事項やルールを遵守した上で参加するようにしましょう。

Valheim マルチプレイ /まとめ

Valheim(ヴァルハイム)のマルチプレイをする方法は3つありますが、どれも一長一短です。

プレイヤーホストで作る部屋は、ホストがゲームにログインしていないとその部屋でマルチプレイできないですが、無料で手軽に遊べるので初心者などにおすすめです。

自宅でサーバー立ち上げは、友達全員24時間好きな時に同じ部屋で遊べて快適ですが、多少の知識と機材の費用がかかります。

レンタルサーバーでマルチサーバーを立ち上げると、月々1,000円ちょっとの費用はかかりますが、設定も簡単で快適にプレイできます。

自分のプレイスタイルに合った方法を選んでマルチプレイするようにしましょう。

関連記事:Valheimのスペック /バルヘイムの推奨・必要スペック、おすすめゲーミングPC

関連記事:ゲーミングPC おすすめ /ゲーミングパソコンランキング・人気ゲーム用pc比較【高性能なデスクトップ】