apex legends スペック

apex legends スペック /Apex Legendsとは?

Apex Legendsは、「タイタンフォール」シリーズなどで知られるRespawn Entertainmentが開発したバトロワ系のシューティングゲームです。

プレイヤーは「レジェンド」と呼ばれる個性豊かなキャラクターを選択し、3名からなる部隊(チーム)を編成して他のプレイヤーと共闘します。

1試合に20チーム、60名ものプレイヤーが集い、生き残りをかけた戦いが繰り広げられ、最後に残った1チームが勝利する事になります。

基本プレイ無料でありながら、美しいグラフィックと戦略性のあるゲームシステム、テンポの良いゲーム展開が世界中で人気を博しています。

apex legends スペック /必要・推奨スペック

必須動作環境 推奨動作環境
OS Windows 7 64bit Windows 10 64bit
CPU Core i3 6300 / AMD FX-4350 Core i5 3570T
メモリ 6 GB 8 GB
グラフィックカード GeForce GT 640
Radeon HD 7730
GeForce GTX 970
Radeon R9 290
VRAM 1 GB以上 8 GB以上
ストレージ 22 GB以上

Apex Legendsは、必要スペック・推奨スペック共にCPUはそれほど要求していない一方、グラボはかなり要求水準が高くなっているという特徴があります。

公式の推奨動作環境には、GTX 970やR9 290相当のグラボとVRAM(ビデオメモリ)は8GB必要も欲しいと書かれていますが、8 GBはハイエンドグラボにしか搭載されていません。

メモリは最低6 GB、推奨は8 GBなので、CPU同様にそれほど必要ありません。

実際に快適に遊べる環境は、フルHDであれば「60 fps以上」、ゲーミングモニターを使う場合で最低「100 fps以上」、可能な限り「144 fps以上」を目指すのが基本になりますが、現在販売されているグラボで最高環境は「240fps」です。

実際に測定してApexで240fpsと144fpsを叩き出せるスペックを検証してみました。

Apex 240fps 推奨スペック

項目 低設定 最高設定
最大fps 237fps 178fps
グラボ RTX 2080 Ti<
CPU Core i9 10900K
メインメモリ 16 GB

2020年8月現在の最強スペックの組み合わせのRTX2080Ti + Core i9-10900Kで計測してみましたが、最高設定だと178fps、低設定だと237fpsであり、240fpsを出す事はできません。

つまり、Apexではプロゲーマーご用達の240Hzゲーミングモニターを100%生かすのは現状不可能です。

実際に、プロゲーマーはエーペックスレジェンズの設定を下げてfpsを改善しているのが実情です。

Apex 144fps 推奨スペック

項目 低設定 最高設定
最大fps 144fps 144fps
グラボ RTX 2070 以上 RTX 2080 以上
CPU Intel Core i7-9700K 以上
AMD Ryzen 7 2700 以上
i9-9900K 以上
メインメモリ 8 GB 以上 16 GB 以上

144fps以上をキープする場合、最高設定だと RTX 2080 、低設定だと RTX 2070のグラボが必要です。

240fps推奨スペックと違い、144fpsは無印のRTX 2080でも最高設定で144fps以上出ます。

つまり、最高設定のApexでは、144Hzゲーミングモニターまでが限界という事です。

なお、低設定で良ければメインメモリは8GBでも144fpsキープできますが、配信も視野に入れるのであれば、念の為にに16GBにしておく事をおすすめします。

オンボードの低スペックPCでもプレイ可能?

Apex Legendsは最高設定でプレイする場合は、スペックの要求水準はかなり高くなりますが、画質を最低まで落とせば、オンボードでプレイすることは可能です。

インテル製CPUのCore iシリーズのなかには、最小動作スペックであるGTX640以上の性能を持つ内蔵GPUを持つオンボードもあります。

第6世代Core i7の一部に搭載されているIris Plus Graphics 650などはGTX640以上の性能を持っていますが、第8世代や第9世代のCore iシリーズになると更に余裕が出てきます。

また、オンボードの場合はIntelよりAMDの方がApexと相性がいいです。

AMD製CPUのRyzenの場合は、Ryzen 5 2400Gに内蔵されているRX Vega 11であれば、GTX640の2倍以上の性能がありますし、Ryzen 5 2400Gであれば、物理メモリを16GB以上搭載しておくと、60FPSを維持したプレイが可能です。

これらの内蔵GPUを持つCPUはモバイル向けであり、ノートPCや小型PCに搭載されている事が多いので、ゲーミングノートを購入する場合は選択肢の一つに入れてもいいかもしれません。

ただ、プレイ自体が可能とは言っても、オンボードの低スペックPCは場面によってFPSが60以下になることも多いので、ラグもちょくちょく起こり操作性は悪くなります。

バトルロワイヤルで操作性が落ちるのは致命的なので、オンボードのゲーミングPCでApexのチャンピオンを目指すのは少なくとも厳しいのが現実です。

apex legends スペック /グラフィックボード別fps

以下の環境下で、Apexのグラボごとのfps値を測定してみました。

OS Windows 10 Pro 64bit(Ver1809)
CPU Core i9 10900K
メモリ DDR4-2666 8GB x2
マザーボード Intel Z390
SSD SATA 250GB
HDD SATA 2TB
電源ユニット 1200W(80+ Platinum)

CPUはゲーミング最強の「Core i9 10900K」を使い、メモリはBTOパソコンで標準的な「DDR4-2666」を16 GB(8GBを2枚挿し)にしてあります。

Apex Legendsのクライアントのインストール先はNVMe SSDです。

フルHD(1920×1080)

フルHD(1920 x 1080) / 「低」設定

グラフィックボード fps値
RTX 2080 Ti 299
RTX 2080 Super 273
RTX 2070 Super 255
RTX 2060 Super 218
GTX 1080 Ti 216
RTX 2060 184
RX 5700 181
GTX 1660 Ti 170
GTX 1080 163
RX 5600 XT 160
GTX 1070 Ti 159
GTX 1660 Super 157
GTX 1660 149
GTX 1070 136
GTX 1650 Super 131
RX 5500 XT 126
RX 590 8GB 118
RX 580 8GB 109
GTX 1060 6GB 97
GTX 1650 94
RX 570 8GB 94
GTX 1050 Ti 59
GT 1030 30

「低設定」であれば、Apex Legendsはかなり軽い部類のゲームになる事が分かります。

GTX 1650クラスのローエンドグラボも、平均90 fps以上が出ていますし、上位のGTX 1660 Superであれば平均144 fps以上キープできます。

画質を気にせず、とにかくゲームで勝つためにフレームレートを優先するなら「低設定」でも遊べますし、グラボ代3万円くらいで十分に144 fpsを狙えます。

なお、国内外の有名配信者やプロゲーマーのApexの設定を調べてみたら、ほとんどのプレイヤーが低画質にしていることが判明しました。

実際に低画質にしてみたら重さはかなり軽減される上に、酷い画質になるわけでもないので、敵が見えにくくなる事もないです。

とはいえ、低設定でも平均144fpsを狙うのであれば、最低でもRTX2070クラス、余裕を持ちたいならRTX2080が欲しいところです。

日本の人気プロゲーミングチームのDetonatorも、RTX2080搭載ゲーミングPCでApex Legendsをプレイしています。

フルHD(1920 x 1080) / 「中」設定

グラフィックボード スコア
RTX 2080 Ti 285
RTX 2080 Super 241
RTX 2070 Super 222
RTX 2060 Super 189
GTX 1080 Ti 187
RTX 2060 159
RX 5700 156
RX 5600 XT 145
GTX 1080 145
GTX 1660 Ti 142
GTX 1660 Super 134
GTX 1070 Ti 133
GTX 1660 121
GTX 1070 120
GTX 1650 Super 118
RX 590 8GB 103
RX 5500 XT 102
RX 580 8GB 94
GTX 1060 6GB 85
RX 570 8GB 81
GTX 1650 80
GTX 1050 Ti 50
GT 1030 26

「中設定」にすると、フレームレートは1割くらい下がるので、公式推奨スペックのGTX 970が必要なのはあながち嘘ではない事が分かります。

GTX 1050 Ti程度では平均60 fpsに届きませんし、平均60 fps以上を維持するには「RX 570」や「GTX 1650 Super」が必要になります。

コスパで選ぶなら「GTX 1660」がおすすめですが、2万円以下なら「GTX 1650 Super」がベストな選択になります。

ゲーミングモニターを使うのであれば、「RTX 2060」がコスパ的にも性能的にも最適です。

フルHD(1920 x 1080) / 「最高」設定

グラフィックボード スコア
RTX 2080 Ti 235
RTX 2080 Super 195
RTX 2070 Super 175
GTX 1080 Ti 156
RTX 2060 Super 150
RTX 2060 126
GTX 1080 120
RX 5700 119
GTX 1660 Ti 113
GTX 1070 Ti 111
RX 5600 XT 110
GTX 1660 Super 105
GTX 1070 100
GTX 1660 95
GTX 1650 Super 86
RX 590 8GB 82
RX 5500 XT 78
RX 580 8GB 75
GTX 1060 6GB 70
RX 570 8GB 65
GTX 1650 62
GTX 1050 Ti 41
GT 1030 19

「最高設定」だと、「中設定」と比べて2割程度フレームレートが下がります。

実際のゲームプレイではもっと重たいシーンもある事を考えると、Apex Legendsを最高設定でプレイするなら、少なくとも「GTX 1660」か「GTX 1660 Super」は必要です。

ゲーミングモニター(144 Hz)を使う場合は、コスパ優先なら「RTX 2060 Super」、パフォーマンス優先なら「RTX 2070 Super」がおすすめになります。

WQHD(2560×1440)

グラフィックボード スコア
RTX 2080 Ti 176
RTX 2080 Super 143
RTX 2070 Super 127
RTX 2060 Super 112
GTX 1080 Ti 111
RTX 2060 90
RX 5700 84
GTX 1080 83
GTX 1660 Ti 80
RX 5600 XT 78
GTX 1070 Ti 77
GTX 1660 Super 75
GTX 1070 69
GTX 1660 66
GTX 1650 Super 60
RX 590 8GB 56
RX 5500 XT 56
RX 580 8GB 52
GTX 1060 6GB 47
RX 570 8GB 44
GTX 1650 42
GTX 1050 Ti 27
GT 1030 NG

ApexのWQHDは最高設定のみ測定。

フルHDよりも約1.8倍大きいワイド画面なので、だいたい3割くらい重たい動作になります。

平均60 fpsを狙うなら少なくとも「GTX 1660」が必要、ゲーミングモニターを使うなら「RTX 2080 Super」は必要です。

ここまでくると、むしろ最強グラボの「RTX 2080 Ti」も選択肢に入れた方がいいです。

4K(3840×2160)

グラフィックボード スコア
RTX 2080 Ti 102
RTX 2080 Super 79
RTX 2070 Super 67
RTX 2060 Super 61
GTX 1080 Ti 61
RTX 2060 48
RX 5700 46
GTX 1080 45
RX 5600 XT 44
GTX 1660 Ti 42
GTX 1070 Ti 41
GTX 1660 Super 40
GTX 1070 37
GTX 1660 35
GTX 1650 Super 33
RX 5500 XT 30
RX 590 8GB 30
RX 580 8GB 28
GTX 1060 6GB 25
RX 570 8GB 24
GTX 1650 23
GTX 1050 Ti 15
GT 1030 NG

Apexの4Kを最高設定で測定してみました。

正直、Apex Legendsを「4K」でプレイするのはかなり厳しいです。

WQHDより4~5割も重たくなります。

射撃場で平均60 fpsを出すだけでも「RTX 2060 Super」が必須、実際のゲームプレイで安定させるなら最低でも「RTX 2080 Super」、理想はやはり「RTX 2080 Ti」です。

apex legends スペック /CPUのボトルネック

最強のグラボである「RTX 2080 Ti」を使って、CPU別にフルHD環境のフレームレートを計測してみました。

RTX 2080 TiでCPUのボトルネックを検証

CPU fps値(低画質) fps値(高画質)
Core i7 10700K 237 224
Core i9 10900K 228 216
Core i7 9700K 225 216
Core i5 9400F 224 217
Core i9 9900K 223 214
Core i3 10100 222 215
Ryzen 9 3900X 214 205
Ryzen 3 3300X 212 204
Core i3 9100F 212 203
Ryzen 5 1600 AF 210 202
Ryzen 3 3100 209 201
Ryzen 7 3700X 208 200
Ryzen 5 3500 208 204
Ryzen 5 2600 207 201
Ryzen 3 3200G 176 170
Ryzen 5 3400G 173 165

公式サイトに記載されているスペックはCPUの重要度は低そうでしたが、実際にCPUごとの性能さはあまりありませんでした。

Apex Legendsでゲームプレイをするだけなら、ミドルクラスCPUのCore i5 10400/9400F/9600K、Ryzen5 3500/3600の4コア8スレッドのCPUで十分です。

ただし、上記データは「Apex Legendsだけをプレイ」した場合なので、ゲーム配信をしたり、Discordでボイチャをするなら6コア以上の方が安心できます。

高画質用のハイクラスのグラボは、CPUもハイクラスが必要になってきますので、Core i7 10700K/9700K/10900K/9900K、Ryzen7 3700Xあたりがベストになります。

apex legends スペック /必要メモリ

公式サイトでは最低スペックで6 GB、推奨スペックで8 GBのメモリが必要とありますが、実際にいくつかのグラボでメモリの消費量を測定してみました。

メモリは最低でも8 GB必要

グラフィックボード メモリ消費量
RTX 2080 Ti 11GB 4.9 GB
RTX 2060 Super 8GB 5.4 GB
GTX 1660 Super 6GB 5.6 GB
GTX 1650 Super 4GB 6.9 GB
GT 1030 2GB 7.4 GB

VRAMが6 GB以上あるグラボでは、メモリ使用量は5~6 GBで間に合いますが、4 GB以下のGT 1030やGTX 1650 Superだと、メモリ使用量は約7 GBに達しますのでそこそこ使用している事が分かります。

やはり、Apex Legendsをプレイするなら最低でも8 GBのメモリが必要であると言えるでしょう。

Discordでボイチャしたり、YoutubeやOBSで配信をするなら、8 GBだとアッサリ使い切ってしまうので、16GBは必須です。

VRAM(ビデオメモリ)の消費量

フルHD(低) フルHD(中) フルHD(最) WQHD(最) 4K(最)
1.9 GB 2.3 GB 3.5 GB 3.7 GB 5.6 GB

RTX 2060 Super 8GBで設定を変えてVRAMの消費量を測定してみました。

フルHDの低設定から中設定までは、約2 GB前後ですが、GTX 1650やGTX 1650 SuperのローエンドグラボのVRAMでも4 GB入ってるので、画質を落としてプレイするなら全然足ります。

ただし、最高設定はVRAMの使用量がガッツリ増えて、4 GB近い使用量になります。

公式サイトの推奨スペックの8 GBまでは不要ですが、VRAMは最低でも4 GB以上、できれば6 GB以上のグラフィックボードを選ぶようにしましょう。

apex legends スペック /おすすめなゲーミングPC

低・中画質プレイに最適の最安値のモデル

G-GEAR GA5A-D210/T

正式名称 G-GEAR GA5A-D210/T
CPU AMD Ryzen 5 3500
GPU GeForce RTX 1650
メモリ 16GB DDR4-3200
ストレージ 500GB SSD (M.2規格 / NVMe接続)
価格 111,800円(税込)
販売元 TSUKUMO(ツクモ)

基本モデルはGeForce RTX 3060を搭載したミドルレンジのモデルですが、GTX 1650にスペックダウンして購入する事ができます。

CPUをRyzenにして、最もコスパに優れていると言われるグラボのGTX 1650を搭載しており、Apexを低中画質80fps前後で遊べます。

特筆すべきは、値段の安さです。

GTX 1650が軒並み値上がりしている中で、本機は値上がり前の価格である10万円前後から購入できます。

他社の知名度が高いエントリーモデルが軒並み売り切れの中で、本機は良い意味で売れ残っていた「掘り出し物」と言えるでしょう。

とはいっても、在庫はかなり少なくなってきているので、購入するならお早目に!

G-GEAR GA5A-D210/Tの詳細

フルHD高画質で快適プレイ

G-Tune PM-B-1660Ti

正式名称 G-Tune PM-B-1660Ti
CPU Core i7-10700F
グラフィックス GeForce GTX 1660Ti
メモリ 16GB
ストレージ 512GB (NVMe)
電源 500W/AC 100V(50/60Hz)【80PLUSR BRONZE】
価格 175,780円(税込)
販売元 G-TUNE

GーTUNEのエントリークラスで常に売り上げランキング1位を争う人気を誇っていたG-Tune PM-Bの後継モデル。

ApexでフルHD最高設定で平均60 fps以上or低設定で平均144 fps以上を目指すのであれば、ボトムネックに余裕があるCore i7-9700+GTX 1660 Tiである本機のパーツ構成は鉄板です。

ノーマルのPM-Bから、GTX 1660→GTX 1660Ti、メモリも8GB→16GBにパワーアップして、値段は1万円アップしていますが、グラボの値段が爆上がりしている昨今では非常に良心的な値段です。

カジュアルに軽くゲームを楽しみたいライトゲーマーの構成ですが、最初からメモリ16GB搭載されているので、初心者向けの機種でありながら、重い最新ゲームもフルHD環境で快適にプレイできるのが強味です。

G-Tune PM-B-1660Tiの詳細

低画質ゲーミングモニター利用

STORM PG-DL

正式名称 STORM PG-DL
CPU Intel Core i7-10700
グラフィック RTX 3060 16GB
メモリ 16GB
ストレージ 500 GB NVMe SSD【追加】1 TB SATA SSD / HDD 2TB
価格 154,800円(税込)
販売元 STORM

Core i7-10700+RTX 3060の組み合わせのゲーミングPCでは最安値クラスのモデル。

超高速起動のM.2 NVMe SSDを搭載しており、ロード時間も超短いです。

何と言ってもケースのデザインが秀逸で、4つのLEDファンを搭載しており、強化ガラスウィンドウで内部構造が見えます!

Apexだけでなく、幅広いジャンルのゲームを楽しみたいミドルゲーマーにおすすめです。

人気が有りすぎてよく在庫切れを起こしているので、こまめに公式HPをチェックする事をおすすめします。

STORM PG-DLの詳細

中画質ゲーミングモニター利用

FRG-H570/A

正式名称 FRG-H570/A
CPU Core i7-11700KF
グラフィック GeForce RTX 3070
メモリ 16GB
ストレージ 1TB M.2 NVMe SSD
価格 249,800円(税込)
販売元 FRONTIERゲーマーズ

GHシリーズはFRONTIERの取り扱っているゲーミングPCの上位モデルのシリーズ。

3種類のパーツから選べますが、おすすめ構成Aが特におすすめです。

RTX 2080 Ti同等の性能で半分の価格の最新グラボ、RTX3070を搭載しており、しかも値段が他社に比べて超安いです。

排熱性にも非常に優れており、前面と背面に大型ファンを搭載、裏面配線と電源を区分け配置することで効率的なエアフローによる熱排気が可能となっています。

さらに、冷却性能の高い空冷、水冷CPUクーラーを選択可能となっており、熱暴走の心配がありません。

さらに、他社ではRTX3000シリーズ不足による売り切れが多い中で、本器は受注生産で、ほぼ確実に購入できるのも魅力。

それでいて、値段も良心的なので、文句の付け所がないマシンです。

FRG-H570/Aの詳細

240HzモニターでApex

G-Tune EP-Z

正式名称 G-Tune EP-Z
CPU Core i7-9700
グラフィックス GeForce RTX 3080
メモリ 32GB
ストレージ 1TB NVMe SSD /2TB HDD
電源 1200W
価格 329,780円(税込)
販売元 G-TUNE

最新グラフィックス GeForce RTX 3080 を搭載したフルタワー型のハイエンドゲーミングPC。

RTX 3080は前世代同クラス製品のGeForce RTX 2080 SUPERよりもパフォーマンスが大幅に向上しており、Apexに限らず、ほぼ全ての最新ゲームを4Kで快適にプレイする事ができます。

超強力なパフォーマンスを誇る構成で電源容量も大きい為、排熱性が心配になるかもしれませんが、本機には水冷CPUクーラー 240mm長型ラジエーターが搭載されているので、夏場でも安心して廃プレイができます。

G-Tune EP-Zの詳細

操作性抜群のハイエンドゲーミングノート

G-Tune H5

正式名称 G-Tune H5
液晶 15.6型 フルHDノングレア (240Hz)
重量 約2.23kg
CPU Core i7-10870G
グラフィックス GeForce RTX 3070
メモリ 16GB DDR4-2400
ストレージ SSD MVNe512GB
価格 219,780円(税込)
販売元 G-TUNE

最高の映像表現を楽しめるRTX 3070+240Hz液晶の組み合わせのハイスペックゲーミングノートです。

残像感の少ない滑らかな映像表現を実現しており、最新第10世代CPU搭載&先進のWi-Fi 6対応、Apexでも「中設定」で平均144 fpsも余裕で狙えます。

更に特筆すべきは「操作性の高さ」です。

全キー同時押しに対応するメカニカルキーボードを採用しており、ノートPCへの搭載が難しかったメカニカルスイッチを標準的な15.6型の本体サイズで実現しているモデルは他社にはなかなかありません。

93.48Whの大容量バッテリーを内蔵している点も他社の類似モデルよりも優れている点で、 従来製品よりも約79%長い、約10時間の動作が可能になっています。

G-Tune H5の詳細

apex legends スペック /まとめ

GTX1650以上のグラボ推奨!

Apexの推奨スペックの最大の特徴は、CPUよりもグラボのスペックが重要な点です。

と言っても、低設定 ~ 中設定でプレイするなら「GTX 1650」や「GTX 1650 Super」のミドルレンジのグラボでも十分です。

ゲーミングモニター(144 Hz)でプレイしたい場合は、「GTX 1660 Super」や「RTX 2060 Super」がおすすめです。

ApexはWQHD ~ 4K向けのゲームではありませんが、大画面でプレイしたい場合は、「RTX 2080 Super」「RTX 2080 Ti」など、ハイエンドグラボが必須になります。

快適プレイのCPUはRyzen3が1番安い!

CPUはコスパ重視で選ぶなら、「Ryzen 3 3300X」または「Core i3 10100」がおすすめです。

ただし、マルチタスクで少しカクつく可能性はあります。

Apex以外の最新ゲームも遊びたいのであれば、「Core i5 9400F」や「Core i7 10700K」を選びましょう。

メモリは最低8GB必要!

メモリはプレイ中に6~7 GBは消費しますので、最低でも8 GB搭載しておく事を強く推奨します。

ゲームしながらDiscordでボイチャしたり、ゲーム配信をする等、マルチタスクを想定するなら、16 GBあれば言うことなしです。

関連記事:ゲーミングpc おすすめ /ゲーミングパソコンランキング・人気ゲーム用pc比較【高性能なデスクトップ】